« 12月 2020 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011-12-21
レンズ買った

 「金のかからない趣味」ということで継続している猫散歩だが、ついに新たな設備投資をしてしまった。冬は寒くて手がかじかむので、2本のレンズをいちいち交換するのは辛いし、そんなことをしている間に猫が逃げてしまう。そこで、広角から望遠まで1本でカバーできるズームレンズ(PENTAX-DA 18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF])を買って、今日から使い始めた。
 薄曇りで寒い日だったが、新しいレンズの試し撮りも兼ねて散歩に出てみた。いつもの公園で太巻きを食べていたら、たまに見かけるシャム混じりが横切って行った。
立川市の猫

 しかし、逃げられた。塀の陰から半分だけ顔を出しているところ。
立川市の猫

 こいつも時々会う黒白だ。たぶんここの家で面倒見てもらっているんだろう。
立川市の猫

 プランターの陰にもう1匹。
立川市の猫

 こいつもここら辺りが縄張りの白猫。冬になって同じ場所ばかり回るようになったので、猫も決まったメンバーばかりになってきたなあ。
立川市の猫

立川市の猫

 これはさっきとは別の白。このあと寄って撮ろうとしたら、扉の下から中に逃げ込んでしまった。せっかく383mm(35mm換算)までズームできるんだから、使えって。
立川市の猫

 あんまり収穫がなかったなーと思いながら、会社の近くまで戻ってきたら、植え込みの陰にキジトラの子猫が潜んでいるのを見つけた。逃げないように、そーっと近づいて撮った。
立川市の猫

 もう少し近づいてみる。暗いから、あんまりズームに頼るとブレる。
立川市の猫

 閾値を超えてしまったらしい。とほほだよ。
立川市の猫

 いつもの場所には未亡人。
立川市の猫

 あらま。猫団子だ。
立川市の猫

 七三ファミリーが全員揃ったのは初めてかも。これは暖かいだろうなあ。
立川市の猫

2011-12-20
寒くて眩しい

 快晴続きの毎日なので、昼休みの猫探しは割と順調。曇りだとどこにいるか分かりゃしないが、晴れの日は日なたを探せばいいからだ。俺自身も日陰は寒いので日なたしか歩かない。
 1匹目はいきなり撮影しにくかった。一瞬真っ黒に見えたが、よく見るとイケメン君ではないか。
立川市の猫

 こいつに会うのは久しぶりだなあ。日なたに出てくればいいのに。
立川市の猫

 今日は40分ぐらい時間があったので、ゆっくりぶらぶら歩いていたら、白っぽいのがこちらを伺っていた。
立川市の猫

 お、出動か?
立川市の猫

立川市の猫

 久しぶりだなあ、人懐っこい子。にゃあにゃあ鳴いて可愛いよ。
立川市の猫

立川市の猫

 すりすりしてくるのをかわして、少し離れて順光位置から撮ってみる。眩しくて目が開かない。
立川市の猫

 また来るね。
立川市の猫

 さらに歩くと、今度は塀の上でお尻を向けているのを発見。でも耳はしっかりこっち向き。
立川市の猫

 試しに呼んでみたら、向きをこちらに変えてくれた。うしろの花はサザンカかな。
立川市の猫

立川市の猫

 そして帰り道。駐車場の奥に茶色くて長い物体がある。
立川市の猫

 窓から物憂げに外を眺める茶トラだった。昼休みが終わって会社に戻ると、俺もこんな感じになる。
立川市の猫

2011-12-19
きらめく野外

 夜中から偏頭痛がひどかったので、今日は仕事を休んだ。自室の窓から外を見ると、真っ青な空から太陽の光が降り注いで、家々の白い壁や瓦屋根がきらきらしている。昼前ぐらいになってようやく回復してきたので、家の回りをちょっとだけ散歩してみた。こんなに気持ちの良い快晴の日に、一歩も外に出ないなんてあり得ない。
 ……しかし冬晴れの日というのは、コントラストが高すぎてカメラ的には難しいのだった。階段から上を見上げるキジ白の目線の先に、もう1匹。
昭島市の猫

昭島市の猫

 毛並みのきれいな黒。黒猫は普通にオートで撮ると、かなり露出オーバーになってしまう。かといってあまり補正をかけると、ただの黒い物体になってしまう。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この道路は袋小路だから、猫も安心して遊べるのかもな。
昭島市の猫

 何か見えないものと戦っている猫。
昭島市の猫

 車の陰に逃げ込んでしまった。君のきれいな毛皮は日なたじゃないと映えないんだよね。
昭島市の猫

Classification tagging : | |