« 2月 2019 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 4月 »

2019-03-31
全員集合

 2月初旬の雪の朝以来、六花咪に会えずにいるので、夜勤明けの帰り道にねぐらを覗いてみたが、谷戸の斜面に設置された猫ボックスはもぬけの殻で、六花咪も相方の黒白もいなかった。肌寒くて霧雨まで舞う天気のせいかとも思ったが、あの子はたとえ吹雪でもあの谷で過ごしていることが多く、霧雨ぐらいで隠れるとは考えにくい。里親募集中と聞いているので、どこかへトライアルに出ているのかも知れない。
 そんなわけで今日は、多摩センターから堰場バス停という、平山時代からの定番コースを歩いたわけだが、引っ越したあとも交通に特段の不便はなく、堰場から豊田駅南口行きのバスに乗って帰宅していたのが、聖蹟桜ヶ丘駅行きに変わっただけ。谷戸の公園はまた今度訪ねてみることにして、次の定点に立ち寄った。こんなアングルで撮るのは性格が悪いと思われそうだが、実際このように猫を発見しているのだから仕方ない。
八王子市の猫

八王子市の猫

 覗いてみたら全員集合していたので、思わずのけぞってしまった。個別に会ったことは何度もあるけど、一堂に会しているところは初めてかも。
八王子市の猫

 しかし、それは一瞬の出来ごと。臆病な順に逃げてしまう。
八王子市の猫

八王子市の猫

 最後まで残ったポイント三毛も人懐っこいわけではなく、単に動くのが面倒なだけ。
八王子市の猫

 朝の猫集会所で茶トラ白発見。日中帯に見かけるのは珍しい。
八王子市の猫

 反応も朝と違っていて、近寄ったら茂みの向こうに隠れてしまった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 農家の敷地の片隅に猫佇む。
八王子市の猫

 集めた落ち葉でコンポストを作っているんだね。猫にとっては柔らかくて快適な寛ぎ処。
八王子市の猫

 呼んでも動こうとしない。落ち葉が発酵して暖かいとか?
八王子市の猫

 多摩旧タウンの路地端で嗅ぎ回り中と思しき猫に行き会った。
八王子市の猫

八王子市の猫

 湿っぽい顔つきの黒白は顔見知り。落ち葉の上の茶トラ白とともに、2014年10月に初めて見かけた子(こちら)。わざわざ拝島からこんなところまで散歩に来ていたんだなあ。
八王子市の猫

 こちらも定点。あの屋根で猫が寝ている率は8割を超える。
八王子市の猫

八王子市の猫

 寝ていたのは先月27日と同じ茶トラ白。顔面の被毛の乱れは年のせいかと思っていたけど、ただの寝癖だったみたいね。
八王子市の猫

 旗竿地の奥の方に白発見。あれは常駐のオッドアイだな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 初めてこの地を訪れた5年前にも、よく似たオッドアイを見かけたんだが、帰宅してから調べたら目の色が逆だった。当然別猫なんだろうけど、目つきがそっくりなんだよなあ。
八王子市の猫

 斜面に展開する住宅地は旧タウンではなくニュータウン。旧住民は好きこのんでこのような場所には住まない。だからきっと黒猫も新住民。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ……と考えると、何となく垢抜けて見えたりして。
八王子市の猫

 「お前は何を言っておるのだ」
八王子市の猫

Classification tagging : | | | |

2019-03-30
猫とハマダイコン(2)

 今日は朝から東京電力の工事があり、お昼くらいまでかけて配電線の張り替えや引込線の接続をしていった。古い分電盤から外してあった30Aのアンペアブレーカーは東京電力の資産なのでお返しして、新しい契約である単三用50Aのアンペアブレーカーをもらおうとしたら、スマートメーターの場合はリモートで遮断するのでアンペアブレーカーは不要とのこと。知らない間に世の中どんどん進歩しているのね。
 配電方式の変更作業はこれで終わりだが、あとは4月8日に電気保安協会が電圧や絶縁などを確認しにきて、それにパスすれば、晴れて我が家も単相三線が利用可能となる。古い家に夫婦二人なので、今さら200Vの機器を導入することはないと思うが、エアコンがすべて専用回路になったのは安心だし、ほかの回路構成もはっきりしたので、電気工事士の試験に合格すれば、心置きなく屋内配線をいじれるようになる。
 今日は雨の予報だったこともあり、出勤前の散歩はお休み。先日来出番の回ってこなかった三浦の猫を紹介しとく(前回の記事はこちら)。
三浦市の猫

 椰子の木と富士山の見える猫拠点をあとにして、小さな漁港に移動したのは9:50。ハマダイコンの咲き乱れる浜辺には、お昼寝中の灰色猫と小柄なキジ白がいた。
三浦市の猫

三浦市の猫

 ここを訪れるのは1年ぶり。灰猫君も1年ぶり。
三浦市の猫

 こちらは初めて会う子。お近づきの印に指の匂いをどうぞ。
三浦市の猫

 おお、ごろーん!
三浦市の猫

 シャイな灰猫は遠巻きに見てるだけ。
三浦市の猫

 気配を察してさらに1匹。今度は大きなキジ白。
三浦市の猫

 「にゃーん」と懐かれている。
三浦市の猫

三浦市の猫

 キジ白はとても人懐っこくて、離れた場所で待っていると、このように追いかけてくる。可愛いねえ。
三浦市の猫

 ジャンプしてきて撫でられるのを待っているところ。
三浦市の猫

 んじゃご要望にお応えして。
三浦市の猫

三浦市の猫

 そんな俺たちの間にサビが割って入ってきた。展開が速くてカメラが追いつかないよー。
三浦市の猫

三浦市の猫

三浦市の猫

 小さなキジ白も加わった。みんな仲がいいねえ。
三浦市の猫

三浦市の猫

 一段落したところでサビにもご挨拶。誰かと思ったら去年も会った子だった。
三浦市の猫

 ご無沙汰しておりまする。お元気そうで何より。
三浦市の猫

 釣り人に可愛がられているからか、ここの猫たちはみんなフレンドリー。2時間半かかったけどやっぱり来てよかった。
三浦市の猫

 ハマダイコンの花を観賞しながら、ここでしばらく休憩タイム。冗長な動画はこちら次回へ続く。
三浦市の猫

Classification tagging : | |

2019-03-29
近いよ武蔵

 今日は夜勤明けにもかかわらず健康保険組合で書類を受け取り本社に提出するという苦行があり、すべて終えて帰宅したのは15時を過ぎていた。健康保険組合は東中野に出先があり、職場からそこへ行くなら小田急で新宿に出るのが最も早いので、先日と同様、ついでに西新宿の猫住宅街を訪ねることにした。曇って寒くて猫探しには不利な日だったが、先日は顔馴染のチョコ白に会えずじまいで、近いうちにまた行こうと思っていたのでちょうど良かった。
 結論を先に書いてしまうとチョコ白には今日も会えず、閑散としたチョコ白邸にはキジトラが1匹。
新宿区の猫

新宿区の猫

 「チョコちゃんに会いたいんだけどねえ」と話しかけてみたが、丸い目でこちらを見つめるばかり。
新宿区の猫

 空き家の多い寂れた住宅街は猫の遊び場。歩き回らずとも、その辺に突っ立っているだけで、猫は向こうから現れてくれる。
新宿区の猫

 目を閉じて挨拶したら、こちらに向き直ってくれた。気心が通じたようで嬉しいかも。
新宿区の猫

新宿区の猫

 花咲く路地に黒佇む。
新宿区の猫

新宿区の猫

 ここは定点の猫拠点。今日は黒だけかなー。
新宿区の猫

 ……と思ったらもう1匹出てきた。あれは先日も見かけた薄色の三毛だね。
新宿区の猫

新宿区の猫

 昨日の朝は8時半に起きて、そのまま夜勤に出勤したので、もう28時間ほど寝ずに過ごしている。あまり頑張りすぎると死なない自信がないので、この路地を最後に東中野へ向かうことにした。
新宿区の猫

 猫はこちら。
新宿区の猫

 短い尻尾がおっかない気持ちを精一杯表しているようでいじらしい。あんまり脅かしちゃ悪いからもう行くよ。
新宿区の猫

 帰宅する前に近所の猫路地に顔を出してみた。常駐の茶トラが接近中。
府中市の猫

 つかつか。
府中市の猫

府中市の猫

 わあ、速いってば。近いってば。
府中市の猫

府中市の猫

 ごっ、と音を立ててレンズに衝突し、そのままごろーんに移行。茶トラって力任せなのが多いよな。
府中市の猫

府中市の猫

 猫にカメラを向けてうだうだやっていると、一輪車に乗った女の子が現れて、武蔵という名前だと教えてくれた。さすが豪傑。
府中市の猫

Classification tagging : | | | | |