« 6月 2019 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 8月 »

2019-07-02
カメラを乾かす暇もない

 ぐずぐずと雨が続いて何日経っただろう。湿度が高いせいかカメラが誤作動するようになり、猫を見つけてシャッターボタンを半押ししても、オートフォーカスが動作せず、まごまごしているうちに逃げられることが何度か続いた。片手で持った傘に動揺が伝わると、滴った雨水がカメラにかかってさらに具合が悪くなる。雨の日も雪の日もこんなことを繰り返しているので、そろそろ壊れる予兆かも知れない。先日も書いたように、PENTAXのAPS-Cの次期製品はまだ情報すらなく、今壊れてしまうと同じKPをまた買うほかない。できればあと1年くらい頑張ってもらえないものだろうか。
 今朝の散歩も雨見の散歩。「卯の花腐し」の降りではあったが風はなく、猫が軒下で過ごす分には支障なさそうだった。
日野市の猫

日野市の猫

 こちらに気付いて睨むのは、寝坊助四天王の2匹。朝ご飯はまだみたいね。
日野市の猫

 残り2匹は見当たらなかった。
日野市の猫

 定点の猫拠点で小柄なキジトラに行き会った。
日野市の猫

日野市の猫

 美人のお母さんは元気にしてるかな。会ったらよろしく言っておいてね。
日野市の猫

 同じ路地でもう1匹。こちらはとっとと逃げてしまった。
日野市の猫

日野市の猫

 今朝はキジ系が続く。
日野市の猫

 こちらも若くて小柄な子。目つきが逃げる気まんまん。
日野市の猫

 間合いを取りつつ正面に回ってみた。あんまりズームレンズの鏡胴を伸ばしたくないので、近寄らせてくれるとありがたいんだけどね……。
日野市の猫

 カメラ本体は防塵防滴だがレンズはそうじゃないので、水滴がついたまま鏡胴を引っ込めると、水が内部に入り込んでしまって具合が悪い。
 しかしこんな時に限って猫は次々に見つかるのだった。今度は軒下ですらない。
日野市の猫

日野市の猫

 とても人懐っこい子。活発すぎて撮影困難。
日野市の猫

 お澄ましするのに10分くらいかかって、通りすがりの人々にだいぶ不審がられてしまった。
日野市の猫

 散歩終盤に見かけたのは食後の2匹。
日野市の猫

日野市の猫

 左側にいた黒白は顔面が複雑すぎてオートフォーカスが迷う子。後回しにしたらその間に逃げてしまった。
日野市の猫

 三毛は食後の余裕に満ちた表情。俺も多摩センターでご飯食べてから出勤しようっと。
日野市の猫

Classification tagging : | | | |

2019-07-01
8周年

 しとしと雨に降られて朝の散歩を見送るうちに、2日続けてブログをお休みする羽目になった。今朝は何とか間隙を突いて出かけたつもりだったが、駅へ向けて自転車を漕いでいるうちに降り始めて、散歩中は濡れねずみになり、猫の方もあまり芳しくなかった。梅雨時期はこんなものかも知れないが、例年はもう少しうまく雨を避けていたような気がする。
 そして今日は2011年7月1日にこのブログを始めてから8周年の日。だからといって特別なことは何もなく、今日の猫関係業務も近所のキジ白5号から淡々と始まった。
府中市の猫

府中市の猫

 うちの周囲は少なくとも十数匹の猫の縄張りになっているようだ。構成メンバーは自分で探すより近所の子供に教えてもらった方が早いかも知れない。
府中市の猫

 草むらに潜む武蔵発見。朝の巡回中かな。
府中市の猫

府中市の猫

 前回会ってから1週間も経っていないが、鼻の傷はほとんど見えなくなった。首輪も新調したのね。
府中市の猫

 こちらもご近所さんの三毛。まだ6時すぎなのに活動的だね。
府中市の猫

府中市の猫

 自分でも接近しすぎと思ったのか、少し後退して様子見モードに入った。まだそんなに親睦が深まっていないので。
府中市の猫

 じーっ。
府中市の猫

 その場を離れる素振りを見せると、敷地から出てきて細い目で見送ってくれた。この子もこの先お世話になりそうだから、三毛3号とでもしておこうか。
府中市の猫

 相方の君はもう少し出現頻度が上がったら考える。
府中市の猫

 今日の散歩は平山城址公園〜長沼の1駅間。令和に改元して以来見かけるようになったキジトラ子猫に会いたくて選んだコースだが、平山城址公園に着いた時点で雨が強くなっていた上、この駅の周辺には商店がまったくないので傘を買うこともできない。それでもせっかく来たのだからと思って、強行的にキジトラ邸まで歩いたが、子猫たちは車の下ででも寝ているのか、見えるところにいたのは小柄な母猫だけだった。
八王子市の猫

 ……と断言してしまったが、この子が本当に母猫かどうか、今いち自信が持てなかったりする。おっぱいが張っているのは見て取れるけれども。
八王子市の猫

 子猫が生まれてからここを訪れるのは4回目だが、最初と、2回目3回目と、今日とでは、大キジトラがみんな違う個体のように見える(眉間のM字ラインや目尻のクレオパトラ・ラインに注目)。一体ホンモノの母親はどれなんだろう。あるいは複数の家族が一緒に暮らしているとか、猫には珍しく父親も子育てに参加しているとか。
 毎年この時期は暑さが厳しくなってきて、モチベーションがだだ下がっていることが多いが、キジトラファミリーの謎を解くべく、明日から9年目に入る猫散歩はまだしばらく続けられるかも?
八王子市の猫