« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 9月 »

2019-08-30
バルス!

 ……とTwitterでつぶやくのはたぶん三度目。いつもはブログとは別口でやっていたが、今年のバルス祭りは統合型で参加させてもらった。
 かつて吉祥寺の吹奏楽団で舞台演出をやっていた経験からすると、ジブリ作品というのは音楽面からも非常に人気が高く、ファミリーコンサート的な催しでは定番のプログラムだ。特にとなりのトトロは映画の公開から30年以上経っているというのに、未だに幼稚園や保育園で教えられていて、「さあ皆さんご一緒に」などとやると老若男女がそらで一斉に歌い出す。公開当時に中高生だった人たちが50歳近くになっていることを考えると、そろそろ三世代にわたって歌い継がれていることになり、もはや国民的童謡と言っても過言ではない。ただ注意しなければならないのは、「春よこい」とか「どんぐりころころ」といった古典的童謡と違って、これらの曲は著作権の保護期間がまだ切れていないこと。猫探しの散歩が楽しいと、つい「あっ、るっ、こーっ」などと口ずさみそうになるが、不用意にやるとJASRACが飛んでくるから注意が必要だ。原曲にそっくりな旋律と歌詞をでっち上げて歌えばセーフだと思うが、結果には責任を持てないので悪しからず(旋律だけならテレビ局などが著作権逃れでよくやっている)。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、夜勤を終えて外を出てみると雨が強くなったり弱くなったりで、散歩するか迷うレベルだった。小田急で多摩センターに出た時は小降りになっていたので、谷戸の公園だけでも顔を出そうと思って階段を登っていると、いつのまにか六花咪がにゃあにゃあ言いながら並走していた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 急に雨が強くなったのでトンネルに避難。
多摩市の猫

 付き合わせちゃって悪いね。小降りになるまで出られなくなっちゃった。
多摩市の猫

 歩道橋の隅で吹き溜りのように縮こまる猫発見。今日はものすごく暗い日で、明るめに撮影した写真をモニタで見るまでは、猫だと確信が持てなかった。
多摩市の猫

多摩市の猫

 真冬みたいな佇まい。雨宿りにはいい場所だと思うけど。
多摩市の猫

 誰かと思ったら去年8月に一度だけ見かけた黒白だった。この一年でだいぶ苦労したようだな。
多摩市の猫

 その後雨は上がったものの、湿気がものすごくて、散歩を続ける気力はすっかり萎えた。最寄りの東中野バス停から帰ろうと思い、とある広い公園を通り抜けていると、草むらのキジ白がこちらを眺めていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 7月中旬にも見かけた子。アクセサリーアイラッシュ(上睫毛)が長いのでしかめっ面に見える。
八王子市の猫

 宇宙戦艦ヤマトの真田志郎みたい。
八王子市の猫

 そうこうしているうちに、気配を嗅ぎ付けた茶トラが追加。雨上がりなのでご飯の人と思われちゃったかな。
八王子市の猫

 目を細めて吉報を待っている。
八王子市の猫

Classification tagging : | | |

2019-08-29
熟女と子猫

 熱帯夜が解消してエアコンに頼らずとも寝られるようになり、ほっとしていたのも束の間、今日は再び気温が上がって32.9℃を記録し、散歩中に体調を崩してしまった。今月は散々猛暑に苦しめられてきたので、猛暑日にもならない平凡な数値を見ると、つい舐めてかかってしまう。とはいえ休みなしで1時間半も歩き回ったのはまずかった。
 猫の方もどこへ探しに行けばいいのやら、途方に暮れていたが、家を出て自転車に乗っていると、下校中と思しき児童生徒がちらほら歩いている。今は学校に冷房が普及してきて、以前より夏休みが短くなっていると聞くので、学校によってはすでに二学期が始まっているのかも知れない。とすれば某巨大公園の混雑も一段落しているかも知れず、久しぶりにスーダラ1号の様子を見に行ってみることにした。
 450円を払って入園してみると、思惑通り客足はまばらで、普通の平日より空いているくらいだったが、肝腎のスーダラ1号は猫小屋で丸くなって動かない。こちらに気付いてはいるものの、こういう時あいつは頑なで、気が向かなければ絶対に出てこないので、諦めて次へ向かうことにした。
 悲しいこともあれば嬉しいこともあるのが人生。あれに見えるはもしかして美人さんの妹かな。
昭島市の猫

 やっぱり美人さんの妹だ! 元気にしていたかー。
昭島市の猫

昭島市の猫

 声をかけたら引っくり返って、一回転するのを待っていたら、そのまま動かなくなってしまった。あんまり会えないから忘れられちゃったかな。
昭島市の猫

 車も入れない細い路地は猫たちの恰好の遊び場だが、真夏の日中は閑散として、聞こえるのはシャワーのような蝉の声ばかり。辛うじて1匹発見したものの、あれも動きそうにない感じ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 油断しているように見えて、やはり猫。砂利道だとたやすくバレるな。
昭島市の猫

 きょとんとしている。顎が黒いの可愛いねえ。
昭島市の猫

 これはちょっと意地悪すぎる写真。こうでもしないと引いた構図に猫が入らないもので。
昭島市の猫

昭島市の猫

 足元の葉っぱを踏む「かさ」という音で目を覚まし、次の瞬間、奥の方へ引っ込んでしまった。残念。
昭島市の猫

 灰色の熟女・青2号は先月と同じ場所で寛いでいた。
昭島市の猫

 艶かしく転がっているな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 並びの家に黒白が見えている。でもここ黒白いたっけか。
昭島市の猫

 あれは子猫だね。道理で見ない毛色だと思った。
昭島市の猫

昭島市の猫

 少し離れた家に似たようなのがもう1匹。どちらもキトゥンブルーが消えているので、2ヶ月は過ぎていると思う。この路地で生まれる子猫は圧倒的にキジ系、つまりアグチ遺伝子は優性のA-が多いんだが、劣性のaaを持っているとなると……、
昭島市の猫

 「私の子じゃありませんよ」
昭島市の猫

 西郷地バス停で一旦散歩を終了し、バスに乗って立川の柴崎町へ移動。モノレールの駅までの数百mを歩くうちに、もう一つの猫グループに遭遇した。
立川市の猫

立川市の猫

 グループというからには複数いるわけである。
立川市の猫

 キジ霜降りは寝ぼけていて、何が起きているか分かっていない感じ。
立川市の猫

 覚醒する前にもう1枚撮っちゃえ。
立川市の猫

2019-08-27
野猿峠の急勾配

 2年半ほど前に八王子のチベットと呼ばれる野猿峠で猫を探した際、付近の絹ヶ丘団地に展開する坂道の勾配が半端なく、恐らく25%くらいあるのではないかとブログの記事に書いた(こちら)。しかしあとからよくよく考えてみると、いくら高度成長期の住宅需要が旺盛で土地が足りなかったとはいえ、人の暮らす住宅地でこの勾配はないのではないかと思うようになった。ものごとには限度というものがあり、25%ともなると、乾燥路面なら支障ないにしても、ひとたび雨や雪が降れば、車の発進や停止も覚束ないような傾斜だ。夜勤明けの散歩がきつく感じただけで、実際の勾配は15%ぐらいに過ぎないのではないだろうか、と。
 今日の仕事帰りはその疑念を晴らすべく、京王バスの野猿峠バス停から平山城址公園駅までの約6.7kmを、猫を探しながら2時間かけて歩いた。ちなみに野猿峠の名は付近を通る野猿街道の由来であり、野猿街道の名は知る人ぞ知る「ホテル野猿」の由来であり、ホテル野猿の名はかつて存在した音楽ユニット「野猿」の由来だったりする。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、最初の猫は急勾配区間を過ぎてから発見。
八王子市の猫

八王子市の猫

 鼻の頭にキジ色が乗っているのが印象的で、もしやと思って過去記事を見たら、2年半前の散歩でも会っていた。すごい偶然。
八王子市の猫

 とある農家の庭で2匹の猫が仲良さげにしていた。
八王子市の猫

 生け垣の外側からだとこれが限界。そこへ都合よく奧さんが現れたので、挨拶して中へ入れてもらった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 写真館でよく見る夫婦のポートレートみたい。
八王子市の猫

 今日このコースを選んだのは、散歩のついでに髪を切りたかったからでもあるが、あいにく床屋は予約でいっぱい。そうこうしているうちに猫ヶ丘に到達し、定点の猫民家前では2匹の猫が寛いでいた。
日野市の猫

日野市の猫

 こちらはまだ若そうな麦わら。
日野市の猫

 鼻黒の茶トラは会ったことあったかな。引っ越して半年も経つと記憶が薄れてくるな。
日野市の猫

 「何の話です?」
日野市の猫

 猫ヶ丘街道をゆるゆると下っていると、木陰で休む猫の姿が見えてきた。
日野市の猫

日野市の猫

 童顔の茶トラ白だった。事態が飲み込めていない顔つき。
日野市の猫

 最後に見かけたのは猫ヶ丘下に住む馴染の三毛。朝はすごい勢いで懐いてくるが、日中は極端に反応が悪くなる子で、いくら呼んでも微動だにしなかった。
日野市の猫

 最後に肝腎の坂道の話。最も急と思われる箇所をiPhoneで計測したところ17°と出て、これは勾配に換算すると30.5%! つまり100m進むごとに30.5m上る、とんでもない急坂ということになる。日本の車道で最急勾配と言われる国道308号の37%には及ばないものの、自転車の漕ぎ出しが不可能なレベルで、歩いて移動している人は一人も見かけなかった。道行く自動車のドライバーはほとんど老人で、もしこれらの人が免許を返納することになれば、こうした集落は一瞬で瓦解するものと思われた。
日野市の猫

Classification tagging : | | | |