« 1月 2019 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 3月 »

2019-02-16
引っ越しまあまあ完了

 怒濤の5日間で引っ越しを終え、ほぼ日常生活を送れるレベルになった。タイトルが「まあまあ」になっている理由は、引っ越し王を自認する俺にとっても想定外の事象が発生したためで、少なくともあと2回の工事が残っている。一つはNTTのフレッツ光の移転工事がリスケになったこと。もう一つは電気の配電方式を単相2線から単相3線に変更する必要が生じたこと。
 NTTの方は、旧居で使っていたホームゲートウェイ(ONUやルータが一つになった装置)を、新居に持ってこなかったことがリスケの理由だ。Bフレッツの時代に光回線を契約してから15年ほどになるが、その間に4回引っ越しして、旧機器を流用したことは一度もなく、今回も工事業者が新しい機器を持ってくるものと思い込んでいた。
 配電が単相2線だった件はより深刻で、技術的な話は省略するが、要するにそのままでは30Aまでしか使えないということ。新居に設置するエアコンは3台で、そのうち2台が稼動すれば25~30A流れてしまう。無資格のいい加減な業者なら、それでも設置したかも知れないが、真っ当な電気工事士なら、専用回路すらなく、しかも明らかに消費電流が契約電流を上回ることが分かっていて設置することは絶対にない。下手すると火事になるからだ。
 それが分かっていて、なぜエアコンを3台も持ってきたのかというと、俺が単相2線の契約電流の上限を40Aと勘違いしていたからで、専用回路さえ引けば2台同時使用は可能と判断してのことだった。思い込みというのは時に身を滅ぼすから注意しないといかん。
 そんなことどもはさておき、6日ぶりの出勤となった今日は、夜勤の前に中野島から登戸まで散歩した。穏やかな空模様で気温も上がり、猫の方もそれなりに盛況だった。
川崎市の猫

 ここは定点の猫拠点。茶トラ白が微妙な姿勢でお迎えしてくれた。
川崎市の猫

 物陰からこちらを盗み見ているのもいる。
川崎市の猫

川崎市の猫

 何とか全身を撮影できたが、この直後、見えなくなるまで逃げてしまった。
川崎市の猫

 猫暗渠に黒白がいた。奥の方にも小さく写っているけど、あれはあとで。
川崎市の猫

川崎市の猫

 下りられないのでこんな角度でアップを。周囲にはオオイヌノフグリの群生が咲いていたが、相手は猫なので、そう都合よくは動いてくれない。
川崎市の猫

 で、さっき小さく写っていた黒白がこちら。多少は人懐っこいみたいね。
川崎市の猫

川崎市の猫

 指で挨拶するには至らなかったが、呼ぶと返事してくれた。
川崎市の猫

 道端の植え込みから小柄な猫が現れた。
川崎市の猫

 小柄というか、痩せている。
川崎市の猫

 出産直後というわけでもなさそう。ここは割とご飯には恵まれている方だと思うんだがなあ。
川崎市の猫

 とある民家の庭先に茶色いの。
川崎市の猫

川崎市の猫

 会うたびにこちらを興味を示してくれるんだが、知り合って1年半経つのに未だ触れずにいる。
川崎市の猫

 次の茶トラは隻眼のボブテイル。
川崎市の猫

川崎市の猫

 カメラを向けたら逃げるかと思ったけど、意外に平気みたい。そういうことならもう少し……。
川崎市の猫

 うーん、いいねえ。
川崎市の猫

 2匹の黒白猫が日なたぼっこ中。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ここは去年7月、青梅で40.8℃を記録した翌日に立ち寄った場所(こちらの記事)。40.8℃の日は日差しがなかったので、高温でも1時間半ほど歩くことができたが、36.7℃だった翌日はとても日差しが強く、登戸から40分歩いて挫折したんだった。あの2日間は命がけだったなあ。
川崎市の猫

 飼い主の親父さんによると、この子はナナちゃんという名前で、さっきまで隣にいた黒白の娘だそうだ。母はすでに逃亡済み。
川崎市の猫

 南向きの植え込みで寛ぐ猫発見。
川崎市の猫

 あれ? 君はここから少し離れたアパートの子だね。留守だと思ったらここにいたの。
川崎市の猫

川崎市の猫

 にこやかに語りかけてみたが、何となく険しい表情になり、植え込みの中に隠れてしまった。おかしいな、俺は三毛にはモテるはずなんだがな。
川崎市の猫

Classification tagging : | | | | |