« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2017-09-19
車窓のキジトラ

※写真は仮掲載です。のちほど差し替えます。

 日が短くなってきたら夜勤を増やしてもらおうと思っているが、日中は暑く、猫探しに難儀するのが目に見えているので、それをするにはまだ早い。今日は久しぶりの夜勤で天気も良く、散歩コースをどうするかなかなか決められなかった。何となくバスに乗り豊田駅から中央線に乗り換えて、築堤を走る電車の車窓を眺めているうちに、以前、眼下の住宅街で猫がごろごろしていたのを思い出して、隣の日野駅から歩くことにした。走行中の電車から見ただけなので確実ではないが、たぶんあれはキジトラだった。
 1匹目の猫は、自宅からバス停までの間に見かけた茶トラ。猫ヶ丘のいつもの場所に張り付いていた。
日野市の猫

日野市の猫

 散歩開始は13時ちょうど。自宅と同じ日野市内なのにスタートが遅いのは、行き先が決められずに家でうだうだしていたから。この猫ポイントには3匹のキジ白が暮らしているが、今日はそのうちの1匹だけが見えるところにいた。
日野市の猫

日野市の猫

 よく考えたら、ここも電車から見えるんだったな。でも以前キジトラが見えたのはここではなく、今まで歩いたことのない新しいエリア。いるかどうか分かんないけど、ちょっと行ってみるよ。
日野市の猫

 日差しが強くて暑いせいか、馴染みの三毛が微妙な場所でじっとしていた。
日野市の猫

日野市の猫

 お寛ぎのところ済みませんね。
日野市の猫

 「出てきて欲しいなら素直にそう言えばいいのに」
日野市の猫

 キジトラいたー。
日野市の猫

日野市の猫

 電車から見えてたの、君だったんだね。こんな真っ昼間に会えるとは思わなかったよー。
日野市の猫

 キジトラに会えたのは良かったが、今日の散歩はここで運を使い果たした。このあと八高線の小宮駅まで1時間かけて歩いたが、1匹たりとも見つけることはできなかった。こんな暑い日に新規開拓しちゃダメだよな。
日野市の猫

Classification tagging : | | |

2017-09-18
路地に色んなもの

 昨夜は思いのほか強風が吹いてバタバタうるさかった。台風が最接近したと思われる1時ごろから気温が上がり始め、寝る時は寒かったのに起きた時は暑く、日中の最高気温は33.1℃まで上がった。昨日は20℃にもならなかったというのに、今朝の散歩は真夏のような苦行となった。
 家を出る6時ごろには風はほとんど収まっていたが、台風一過の朝に新規開拓するほどの余裕はなく、散歩コースは見知った猫のいる京王八王子~西八王子。京王八王子駅はJRの八王子よりだいぶ手前にあるので、最初の猫に会うまでには10分近く歩かなければならなかった。
八王子市の猫

 歓楽街のクリーム猫が今日の1匹目。仲間はまだ出てこないようだ。
八王子市の猫

 今日はとても暑くなるんだって。早く隠れた方がいいと思うよ。
八王子市の猫

 植木とか提灯とか、飛んで行きそうなものばかりなのに、意外に大丈夫だったみたいね。
八王子市の猫

 「あんな風ぐらい、どうってことないんだよ」
八王子市の猫

 「ていうかお前は怪しいヤツだなっ」
八王子市の猫

八王子市の猫

 柳巷花街に三毛一匹。
八王子市の猫

八王子市の猫

 こちらの路地は色んなものが散らばっていて、三毛は感心したように眺めていた。
八王子市の猫

 強い日差しを受けて毛繕い中の猫発見。傍らに小さいのもいる。
八王子市の猫

八王子市の猫

 昨夜の強い風の興奮が冷めないのか、子猫は葉っぱや小石にいちいち反応する。可愛いねえ。
八王子市の猫

 お母さんは警戒してこちらを凝視している。お嬢ちゃんの写真を撮らせてくださいな。
八王子市の猫

 いいねー、可愛いねー(IWGさん風に)。
八王子市の猫

 ・・・・・・でもやっぱりこうなった。なぜなのだ。
八王子市の猫

 ほとぼりを冷ますため、隣の区画を一回りしていると、車の下にまん丸お目々発見。
八王子市の猫

八王子市の猫

 そして5分後、お澄まし子猫がカメラに収まった。
八王子市の猫

 お母さんがすっ飛んできたから今日はこれでおしまい。
八王子市の猫

Classification tagging : | | | |

2017-09-17
紅白の丘

 17:45現在、台風18号は暴風域を伴ったまま四万十市付近にあって、35km/hの速さで北東へ向かっている。このまま行くと明日未明には能登半島付近に達し、関東にも影響をもたらす可能性がある。もともと今日は出勤日だったところ、横田基地の友好祭に行きたくて同僚に勤務シフトを替わってもらったんだが、台風が通り過ぎるまで雨は止みそうにない。基地で猫を探せるのは年に一度の友好祭だけだし、来年の今ごろは猫散歩を引退しているはずなので、残念だが諦めるほかなさそうだ。
 今日紹介するのは一昨日の猫散歩から。春は桜、秋は彼岸花を訪ねて、日高市には定例的に訪れているが、去年は引っ越しや再婚の準備で彼岸花が拝めなかった。今年も喪主関係業務で忙しいが、一昨日の午前中が空けられたので、頑張って早起きして出かけたのだった。
 八王子から八高線に乗り、東飯能で西武池袋線に乗り換え、目的地の高麗に着いたのは6:50。やや薄雲がかかっていたがまずまずの天気で、猫拠点の猫たちもすでに起きて活動しているようだった。
日高市の猫

日高市の猫

 彼岸花の小径をとことこやって来たキジ白。ここでご飯待ちの態勢に入った。
日高市の猫

 クリーム猫はおトイレ中。爽やかな一日はスムーズなお通じから。
日高市の猫

 そして所定(?)の位置についた。
日高市の猫

日高市の猫

 人懐っこい長毛二毛ちゃん発見。元気だったかー。
日高市の猫

 この子はついて回ってすりすりする子。間合いを取らないと写真が撮れないので、一人と一匹で行ったり来たり。
日高市の猫

日高市の猫

 付き合わせちゃって悪いね。
日高市の猫

 キジ白、クリーム、長毛二毛の3匹はみんなここの常駐で、桜の季節に訪れた時にも会っている。このほか三毛もいるはずで、長毛二毛といつも一緒にひっついて回っていたんだが、この日は会えずじまいだった。
日高市の猫

 長毛二毛は愛嬌のある子。ひっつく相手は誰でもいいみたいね。
日高市の猫

日高市の猫

 猫のお立ち台でごろりごろり。
日高市の猫

 7時半を過ぎて、通学の小中学生やハイカーの往来が増えてきた。この子たちもきっと撫でられ業務があるのだろうから、そろそろおいとましようかな。
日高市の猫

 そして次の猫拠点。民家の敷地からこちらを睨むのは茶渦白。
日高市の猫

 我が家のマコちゃんと同じ毛色なので、印象に残っている子。会うのは2年8ヶ月ぶり。
日高市の猫

日高市の猫

 刺客A参上。
日高市の猫

 刺客B参上。
日高市の猫

日高市の猫

 相変わらず君たちは鼻が利くね。でもあれは俺のご飯だから食べちゃダメだよ。
日高市の猫

 チョコ白は触っても平気。尻尾の付け根を撫でてモデルになってもらっていると・・・・・・、
日高市の猫

 連係プレーかよ!
日高市の猫

 「ちぇっ、バレちゃ仕方がない」
日高市の猫

日高市の猫

 「おいしい牛乳」は猫にとっても美味しいのか、来るたびに入れ替わり立ち替わり狙われる(今春とか昨秋とか)。いつものように壮絶な攻防を経て戦いに疲れた俺たちは、ほどなくそれぞれの帰途についたのだった。移動3時間半、現地滞在1時間半の猫散歩だった。
日高市の猫

1 / 63612345...1020...最後 »