マコの鼻腔内リンパ腫治療記録

【作成中】このページでは、鼻腔内リンパ腫と診断されたマコの治療記録を資料とともに公開する予定です。

もくじ

  1. このページについて
  2. 2023年春からの体重減少
  3. 2024年春からの体重減少
  4. 元気喪失と呼吸器症状の発現
  5. 症状悪化
  6. 鼻腔内リンパ腫の確定診断
  7. 抗癌剤治療
    •  
    •  

1. このページについて
  • 概要
    • このページでは2024年5月25日に鼻腔内リンパ腫と診断されたマコの体調推移や治療の記録を公開しています。
    • できるだけ事実を簡潔に記述し、飼い主の所感は控え目にしています。
    • 治療が一段落したり体調のいい状態が続く場合は更新が途絶えます。
    • 最後に更新(修正、追記)した部分は青字で表示します。
  • 使用ファイルフォーマット
    • このページでは画像以外に以下のファイルを使用しています。これらは別ウインドウか別タブで開きます。お使いの環境によっては閲覧用のアプリが必要です。
      • MP4、WebP、OGV(いずれか)
      • Excel
      • PDF
  • マコのプロフィール(詳しくはこちら
    • 生年月日:2009年5月20日(15歳)
    • 性別:オス
    • 出生地:東京都調布市西つつじケ丘
    • 品種:雑種
    • 毛色:カメオクラシックタビー白
    • 性格:大雑把で力任せ。小心者で逃げ足はとても早い。気分によって多くの鳴き声を使い分ける。
2. 2023年春からの体重減少
  • 我が家ではおおむね5〜7日ごとに猫の体重を測定して記録している。
  • 2023年5月6日に5.67kgだった体重が以降右肩下がりに減り続け、7月20日には5.20kgになった【図1】。元気度、食欲、尿比重など体重以外は特に問題なし。
  • 1ヶ月あたりの減少率は約3.3%で、要注意レベルの5%には達していないが、念のため7月27日にかかりつけ医を受診。
  • 問診と血液検査【資料1/PDF】の結果、下記の理由により甲状腺機能亢進症が最も疑われるとのこと。ただしすぐに治療が必要なレベルではなく、1~2ヶ月程度様子を見て、さらに痩せたりほかの症状が現れる場合は再度受診とする。
    • 体重が減り続けている。
    • 年齢の割に元気が過多に思える(飼い主の主観)。
    • GOTが59IU/lで上限の51IU/lをわずかに超えている。
    • GPTが87IU/lで上限の84IU/lをわずかに超えている。
    • 甲状腺ホルモンT4は3.58μg/dlで正常値ではあるものの上限の3.7μg/dlに近い。
  • 9月初旬から体重が増え始め、元気度などほかの問題も見られないので、本件に関する様子見を一旦終了した。

【図1】
2023年度体重推移

3. 2024年春からの体重減少
PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です