キジ霜降り

キジ霜降り

brown ticked tabby|褐色多層色虎斑

レア度:★★★
タグ分類:霜降り

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 キジ霜降りは一見すると無地のようですが、れっきとしたアグチパターンを持っているので、一本一本の毛には黒と褐色の色の層があります。血統猫ではアビシニアンのルーファスが代表的です(ルーファスは多因子遺伝により、普通のキジ色よりかなり赤味が強い)。
 U遺伝子座の遺伝子型が優性のU-で霜降りになります。ただ、単に霜降りといっても、四肢や尻尾に縞模様が残っているものや、ほとんど消失しているものなど、発現の程度は様々なので、不完全優性か、あるいはもっと多くの対立遺伝子があるのかも知れません。
 野外で見かける機会はあまり多くありませんが、優性ホモ接合UUを持つアビシニアンが外猫化して交雑すると、その子供はすべてU-となって霜降りを発現するので、局地的に何匹かまとめて存在することがあります。
 Mc遺伝子座とSp遺伝子座の遺伝子型を外見から判定することはできません。

ww oo(oY) A- B- C- ii D- ss * * U-

 元となる毛色(キジ霜降り)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。外見から劣性対立遺伝子を特定することは不可能なので、以下に遺伝子型の一例を紹介します。
 なお、写真はキジ霜降りポイントと思しき猫ですが、ポイントカラーにより色や模様が薄くなっているため、誤って分類しているかも知れません。

遺伝子型:ww oo(oY) A- B- cscs ii D- ss * * U-
呼称:brown ticked tabby point

キジ霜降りポイント

PAGE TOP