チョコレート白

チョコレート白

chocolate and white|巧克力色和白斑

レア度:★★★★★
タグ分類:その他

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 黒猫のB遺伝子座が劣性のbbまたはbblに変異すると、被毛全体がチョコレート色に変わり、さらにS遺伝子座が優性のS-に変異すると白斑が生じます。
 白斑のないチョコレート色は、ハバナブラウンという血統猫が存在しますが、この毛色は劣性遺伝なので、交雑するとヘテロ接合BbBblとなって、優性の法則によりたやすく失われがちです。そのため、交雑して白斑の生じたチョコレート白の方が、チョコレートよりも珍しいかも知れません。

ww oo(oY) aa bbl C- ii D- S- Mc- spsp uu

 元となる毛色(チョコレート白)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。外見から劣性対立遺伝子を特定することは不可能です。
 そもそもチョコレート白という毛色が稀なので、それに加えてカラーポイントが生じることはもっと稀で、理論的にはあり得ても、実際にはほとんど存在しないのではないかと思います。「チョコレートポイント白のように見える猫」はたまにいますが、それらはほぼすべて黒白がカラーポイント化したもので、黒斑が赤茶けてチョコレート色になったものと思われます(それをチョコレートポイント白と呼ぶ場合もあるようです)。写真はありません。

遺伝子型:ww oo(oY) aa bb cscs ii D- S- Mc- spsp uu
呼称:chocolate point and white

PAGE TOP