二毛(茶トラ+黒)

二毛(茶トラ+黒)

tortoiseshell(mackerel tabby)|玳瑁(鯖魚虎斑)

レア度:★
タグ分類:二毛

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 二毛と呼ばれる猫は、茶色+キジ色、または茶色+黒の混じった被毛を纏っています。キジ色か黒かを決めるのはA遺伝子座の遺伝子型で、優性のA-ならアグチパターンを発現するのでキジ色、劣性のaaの場合はフェオメラニンの生成が阻害され、黒い色素であるユーメラニンしか生成されないので黒になります。ここでは茶トラと黒が組み合わさった二毛について解説します。
 この毛色には「サビ」という愛称があり、茶と黒の割合によっては「べっ甲」と呼ぶこともあるようです。英語ではtortoiseshellまたはtortie、中国語では玳瑁と呼ばれていますが、模様に着目した呼称ではないので、サブタイトルには括弧書きで模様を記載しました。
 二毛や三毛の毛色は伴性遺伝で、茶色を支配するO遺伝子座がX染色体上に格納されていることにより生じます。性別さえ決まればX染色体は2本もいらないので、XX(つまりメス)の場合は、受精直後の細胞分裂の時に、どちらか片方の遺伝子発現が抑えられ、以降の子孫細胞でもそれが引き継がれます(この現象を「X染色体の不活性化」といいます)。二毛や三毛の遺伝子型はOoで、優性遺伝子Oの格納されているX染色体が不活性化した時に、下位のA遺伝子座の形質、つまりキジ色や黒が現れます。哺乳類では父親由来・母親由来どちらのX染色体でもランダムに不活性化が起きるため、親子姉妹であろうと、たとえクローンを作成したとしても、二毛や三毛の模様は同じものにはなりません。
 三毛や二毛は大部分がメスですが、稀にオスの三毛や二毛も存在します。多くの場合は性染色体異常(XXYのオスがヘテロ接合OoYを構成する)などが原因です。
 茶色の部分にはMcSpUの各遺伝子座の遺伝子型に応じた模様が生じますが、黒の範囲が広くなるにつれて判別が困難になります。判別不能の場合は便宜的にトラ模様に分類しています。

ww Oo aa B- C- ii D- ss Mc- spsp uu

 元となる毛色(茶トラ+黒)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。外見から劣性対立遺伝子を特定することは不可能なので、以下に遺伝子型の一例と写真を紹介します。管理人はポイント二毛またはポインテッド・サビなどと呼んでいます。写真の個体は模様が判別困難ですが、便宜的にトラ模様に分類しています。

遺伝子型:ww Oo aa B- cscs ii D- ss Mc- spsp uu
呼称:tortoiseshell point(mackerel tabby)

二毛(茶トラ+黒)ポイント

PAGE TOP