灰トラ

灰トラ

blue mackerel tabby|藍色鯖魚虎斑

レア度:★★★
タグ分類:サバトラ

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 英語ではブルーマッカレルタビー、日本語では灰トラまたは青トラとも言います。キジトラの遺伝子のうち、D遺伝子座が劣性ホモ接合ddの時に被毛全体の色が希釈され、アグチパターンの黒と褐色の組み合わせは、それぞれ濃灰と薄灰に変わります。全体的には灰色がかった毛色です。
 I遺伝子座が優性のI-に変異した、灰銀トラ(blue silver mackerel tabby)というのもいますが、灰トラ、銀トラを含め、外見でそれらを判別するのは難しい場合があるので、このブログでは「サバトラ」という一つのタグにまとめて分類しています。
 灰トラには部分的に赤味や黄色味を帯びた毛色を持つものがいます。これはルーファスと呼ばれるポリジーン遺伝です。

ww oo(oY) A- B- C- ii dd ss Mc- spsp uu

 元となる毛色(灰トラ)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。以下に遺伝子型の一例を紹介します。
 灰トラがカラーポイント化すると、元となる毛色が非常に分かりにくくなるため、外見で正しく分類するのは困難と思われます。基本的にはキジトラに準じると思います。写真はありません。

遺伝子型:ww oo(oY) A- B- cscs ii dd ss Mc- spsp uu
呼称:blue mackerel tabby point

PAGE TOP