灰渦白

灰渦白

blue classic tabby and white|藍色經典虎斑和白斑

レア度:★★★★★
タグ分類:サバ渦白

前ページに戻る‘; } ?>

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 野生型であるキジトラの遺伝子のうち、D遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合ddで被毛色が希釈され、S遺伝子座の遺伝子型が優性S-で白斑が生じ、さらに模様に関連するMc遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合mcmcの時に渦巻き模様(クラシックタビー)を発現します。
 灰渦(ブルークラシックタビー)はほとんど血統猫にしか見られない毛色ですが、それにしても数が少なく、さらにそれが交雑して白斑が生じるというケースは稀だと思われます。野外で見かけることはないに等しく、管理人もまだ1匹しか遭遇したことがありません。
 I遺伝子座が優性I-に変異した灰銀渦白(blue silver classic tabby and white)というのもいますが、見た目で判別するのは難しいと思います。このブログでは銀渦白、灰銀渦白、灰渦白およびそれらにティッピングが生じた毛色は、すべてサバ渦白に分類しています(とはいえ野外にはほとんどいないのですが)。

ww oo(oY) A- B- C- ii dd S- mcmc spsp uu

 元となる毛色(灰渦白)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。外見から劣性対立遺伝子を特定することは不可能なので、以下に遺伝子型の一例を紹介します。未だ遭遇したことがないので写真はありません。

遺伝子型:ww oo(oY) A- B- cscs ii dd S- mcmc spsp uu
呼称:blue classic tabby point and white

PAGE TOP