茶トラ

茶トラ

red mackerel tabby|橘色鯖魚虎斑

レア度:★(♂)
レア度:★★(♀)
タグ分類:茶トラ

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 茶トラは茶色の濃淡の縦縞模様がある毛色です。英語でレッドマッカレルタビーと呼ばれています。猫には茶系の毛色がいくつもあるので、誤りのないように、日本語でも赤トラと呼ぶべきかも知れません。
 茶色の発現に関わっているO遺伝子座は、性染色体(X染色体)上に格納されています。そのためオスとメスでは発現の条件が異なります。こうした遺伝を伴性遺伝といいます。いずれにしても、O遺伝子座に劣性のo遺伝子を持たなければ、被毛は茶色になります。
 オスの性染色体はXYですから、対立遺伝子をX染色体上に1個だけしか持つことができません。つまりOYの時に被毛全体が茶色になります。どちらか片方の親から優性遺伝子Oをもらう必要がありますが、Y染色体は父親からしかもらえませんから、優性のOは母親からもらうことになります。
 メスの性染色体はXXで、O遺伝子座には2個の対立遺伝子が入ります。被毛全体が茶色になるには、O遺伝子座に劣性のo遺伝子を持たないことが条件ですから、メスは優性ホモ接合OOでないと被毛全体が茶色になりません。つまり、両親からO遺伝子をもらう必要があります。このため茶トラはメスよりオスの方が発現率が高くなります。一般的に茶トラは大きいといわれるのも、茶トラにオスが多いからと思われます。
 メスの場合、優性の法則からして、ヘテロ接合のOoでも茶色になりそうなものですが、この場合はほかの色 (黒やキジ色) が混じります。哺乳類では、X染色体が2個あると、受精直後の細胞分裂の時に、どちらか片方の遺伝子発現が抑えられます(不活性化といいます)。不活性化は細胞ごとにランダムに起こるので、Ooの場合は、Oの働く細胞と働かない細胞がそれぞれ成長して、被毛に茶色以外の色が混じるのです。不活性化した細胞はOが働かなくなっているわけですから、本来は下位であるABといった遺伝子の働きが発現して、混じる色はキジ色や黒になります。この状態の猫がいわゆる「二毛」です。
 茶トラの毛色には黒系の色素であるユーメラニンが含まれませんが、ほかの毛色に比べてメラノサイトーマ(ほくろ)が生じやすいようです。

ww OO(OY) A- B- C- ii D- ss Mc- spsp uu

 元となる毛色(茶トラ)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。外見から劣性対立遺伝子を特定することは不可能なので、以下に遺伝子型の一例と写真を紹介します。

遺伝子型:ww OO(OY) A- B- cscs ii D- ss Mc- spsp uu
呼称:red mackerel tabby point

茶トラポイント

PAGE TOP