茶渦白

茶渦白

red classic tabby and white|橘色經典虎斑和白斑

レア度:★★★(♂)
レア度:★★★★(♀)
タグ分類:茶渦白

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 茶トラの項で記述したように、メスではOO、オスではOYの時に茶色だけが発現します。茶色の猫は常に模様が生じ、渦巻き模様はMc遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合mcmcの時に発現します。さらに被毛の一部に白斑が生じれば茶渦白となります。白斑を司るS遺伝子座の遺伝子型が優性S-の時に発現します。
 茶トラなどと同様にオスの方が多い毛色ですが、そもそも我が国には渦巻き模様の猫が少ないので、見かける頻度は高くありません。

ww OO(OY) A- B- C- ii D- S- mcmc spsp uu

 元となる毛色(茶渦白)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。以下に遺伝子型の一例を紹介します。遭遇したことがないので写真はありません。

遺伝子型:ww OO(OY) A- B- cscs ii D- S- mcmc spsp uu
呼称:red classic tabby point and white

PAGE TOP