銀トラ

銀トラ

silver mackerel tabby|銀色鯖魚虎斑

レア度:★★★
タグ分類:サバトラ

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 英語でsilver mackerel tabbyと呼ばれている毛色です。白トラと呼ぶ人もいるようです。この毛色はI遺伝子座の遺伝子型が優性のI-に変異した時に発現します。
 I遺伝子座はD2染色体上にあり、変異遺伝子は同定されていませんが、一本一本の毛の根元が白っぽい色になり、元からあった黒い色は被毛の先端に残るとされています。その結果、被毛は全体的に銀色っぽく見えます。このように、毛の根元が白く抜ける現象をティッピングといい、白く抜ける部分の比率(バンド幅)が大きくなると、シルバーシェード(shaded silver mackerel tabby)またはシルバーチンチラ(chinchilla silver mackerel tabby)という毛色に発展します。バンド幅はWb遺伝子座の遺伝子型にも影響されます。
 縞模様の黒白のコントラストが灰トラよりもはっきりしていますが、世間一般からは、どちらもまとめてサバトラとも呼ばれているようです。I遺伝子座がI-かつD遺伝子座がddの灰銀トラ (blue silver mackerel tabby) という毛色もあり、加えてシルバーシェードやシルバーチンチラとなると、それらを外見から判別するのは難しいと思います。このブログでも、全部まとめてサバトラのタグを付けています。

ww oo(oY) A- B- C- I- D- ss Mc- spsp uu

 元となる毛色(銀トラ)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。外見から劣性対立遺伝子を特定することは不可能なので、以下に遺伝子型の一例と写真を紹介します。

遺伝子型:ww oo(oY) A- B- cscs I- D- ss Mc- spsp uu
呼称:silver mackerel tabby point

銀トラポイント

PAGE TOP