銀渦

銀渦

silver classic tabby|銀色經典虎斑

レア度:★★★
タグ分類:サバ渦

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 英語でsilver classic tabbyと呼ばれている毛色です。この毛色はキジ渦の遺伝子のうち、I遺伝子座の遺伝子型が優性のI-に変異した時に発現します。毛の根元が白く抜ける「ティッピング」という現象のため、黒い色は毛の先端だけに残ります。
 縞模様の黒い部分と白い部分が灰渦よりもはっきりしています。トラ模様の猫は銀色と灰色が曖昧にされ、両方まとめてサバトラと呼ばれたりしていますが、渦巻き模様の場合は血統猫として売り物になっているケースが多いため、きちんと分けて呼ばれているようです。
 レア度は管理人が外で見かける頻度を示していますが、銀渦は飼い猫が多いです。一方、野良として交雑している個体の多くには白斑が生じています。
 I遺伝子座がI-かつD遺伝子座がddの灰銀渦 (blue silver classic tabby) というタイプも存在します。いずれも血統猫であれば血統書に毛色が書いてありますが、外で見かけただけでそれらを判別することは難しいため、このブログでは銀渦、灰渦、灰銀渦をまとめてサバ渦として分類・タグ付けしています。

ww oo(oY) A- B- C- I- D- ss mcmc spsp uu

 元となる毛色(銀渦)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。以下に遺伝子型の一例を紹介します。
 銀渦がカラーポイント化すると、元となる毛色が非常に分かりにくくなるため、外見で正しく分類するのは困難と思われます。基本的にはキジ渦に準じると思います。遭遇したことがないので写真はありません。

遺伝子型:ww oo(oY) A- B- cscs I- D- ss mcmc spsp uu
呼称:silver classic tabby point

PAGE TOP