黒白

黒白

black and white|黑白

レア度:★
タグ分類:黒白

  1. 解説
  2. 遺伝子型
  3. カラーポイント

 黒い部分の発現の仕組みは黒猫と同じで、A遺伝子座が劣性ホモ接合aaでノンアグチとなったものです。被毛の一部が白くなる現象は、白斑遺伝子Sによって生じます。この遺伝子は不完全優性なので、優性ホモ接合SSでは白い部分が胴体の大部分やそれ以上に及び、ヘテロ接合Ssでは白い部分が狭い範囲に限られます。
 なお、猫の白斑はある程度の規則性を持って発現しますが、一つの遺伝子だけで説明できない遺伝が多く、もっと多くの遺伝子が複雑に関与していると考えられています。例えば、ソックスまたはホワイトミトンと呼ばれる四肢の先端の白斑や、ロケットと呼ばれる胸元の小さな白斑は、Sとは別の遺伝子が関わっていると考えられています。
 管理人が猫を観察しているエリアは、主に東京都多摩北西部、川崎市多摩区、台湾北部などですが、黒白はキジ白と並んで最も高い頻度で見かける毛色です。

ww oo(oY) aa B- C- ii D- S- * * *

 元となる毛色(黒白)の遺伝子のうち、C遺伝子座の遺伝子型が劣性ホモ接合になると、対立遺伝子に応じたレベルのカラーポイントが生じます。外見から劣性対立遺伝子を特定することは不可能なので、以下に遺伝子型の一例と写真を紹介します。

遺伝子型:ww oo(oY) aa B- cscs ii D- S- * * *
呼称:seal point and white

黒白ポイント

PAGE TOP