タグの見直し


立川市の猫

 気づいた人もいるかもだけど、昨日、投稿タグの内容を見直した。タグは毛色(模様)でつけているが、猫の毛色の分類は難しく、またこれといった研究もないようで、分類に悩んだり間違ったりすることが多かった。ここ半年あまり色々な猫を観察して、また様々なサイトを参考にさせてもらって、自分なりに分類方法を作ったので、今後はそれに従ってタグをつけることにする。
 さて、今日の昼休みは、南武線の線路端で時々見かけるキジ白からスタート。日なたで熱心に毛繕い中だった。
立川市の猫

 白い車に足跡がついているが、持ち主には黙認されているらしい。なぜそんなことを知っているのかというと、持ち主に頭を撫でてもらっていたからだ。久しぶりに見かけたが、以前は半開きだった左目も良くなったように見える。
立川市の猫

 日なたは気持ちがいいねえ。
立川市の猫

 その後30分間歩き続けたが収穫はなく、昼休みの終わり近くになって、ようやくキジトラを発見した。ここはサビ1号やイケメンのシマでもある。
立川市の猫

 塀の隙間に入っていく前に、何とか顔を撮れた。それにしてもピンクの壁は色補正が面倒臭い。
立川市の猫

 こいつに会うのも久しぶり。
立川市の猫

立川市の猫

 逆サイドに回ると車の下に逃げてしまうので、金網越しに撮った。
立川市の猫

 熊五郎は相変わらずマイペース。何度も会っているので、向こうも俺の顔ぐらいは覚えただろうが、ご飯をやるわけじゃないからちっとも懐かない。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 稲城市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 朝霞市の猫
  5. 所沢市の猫
  6. 相模原市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  4. 府中市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  6. 杉並区の猫
  7. 川崎市
  8. 八王子市の猫

    2020.2.7

    日本髪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP