周りにあるもの


立川市の猫

 猫散歩をするようになってから、歩く時にきょろきょろ周りを見る癖がついてしまった。不審者っぽくてイヤなんだが、一方で、今まで気づかなかった色々なものが見えるようになった気がする。通勤路であれば、年間稼働日数が250日とすれば、勤続30年で15,000回も同じ道を行ったり来たりすることになる。どうせそんなに歩くなら、道端に落ちている石ころ一つさえ分かるようになりたい。……というのは比喩的な言い方で、要するに自分の身の回りの事象は知っておくべきだと言いたいんである。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の猫は2匹。寒くて体が縮こまっていたので、早歩きでちょっとだけ散歩して、さっさと会社に戻ってしまった。
立川市の猫

 黒白みっけ。この場所ではキジ白を見かけたこともある(11月9日)。
立川市の猫

立川市の猫

 今日は曇っていて暗かったので、昼間だというのに感度はISO800。カメラの「高感度ノイズリダクション」を強めに設定してみたが、いまいち違いが分からない。何となくぼやっとしているような気はするけど。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 中央区の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日高市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP