晩秋のこまこま散歩


日野市の猫

 いつものように天気予報に裏切られ、絶好の猫日和だった早朝散歩を逃すことになった。晴れるのはお昼ごろと聞いていたので、部屋でうだうだしているうちに、窓の外がみるみる明るくなり、こいつはおかしいと外を見たらドピーカン。時刻はすでに8時を過ぎていて、すぐに出発しても、今日の散歩予定地である高麗に着くのは10時になってしまう。明日は終日曇り、明後日は朝から雪だというし、3日間の連休のうち、結果的に今日が唯一の猫日和だったかも知れないのに、もったいないことをした。
 とはいえ家の周りを歩くにはちょうどいい時間だったので、駅へ向かう前に軽く一回りしてみた。雨上がりで霞む道端に猫が佇んでいる。
日野市の猫

 耳元に舞うのは雪虫? やっぱりホントに降るのかな。
日野市の猫

 背中を見せていたのはクリーム子猫。初めて会った40日前より少し大きくなった。
日野市の猫

 この子たちはたぶん夏の子猫。体格からすると、生後5ヶ月くらいかな。
日野市の猫

 冬毛で大きく見えるが、この子も夏の子猫だと思う。40日前はこんな感じだった。
日野市の猫

 子猫の溜まり場をあとにしてほどなく、地面で毛繕いする鉢割れクリーム発見。
日野市の猫

 この子もまだ若い。明後日は初めての雪を経験することになるのかな。
日野市の猫

 「雪ってなあに?」
日野市の猫

 高麗に着いたのは10時すぎ。7ヶ月ぶりとなる農道をぶらぶら歩いていると、定点の猫民家で2匹の猫がごろごろしていた。
日高市の猫

 限りなく反応の薄い2匹。
日高市の猫

日高市の猫

 朝の毛繕いを終えて、二度寝を始めたところだったかな。やっぱり来るの遅かったな。
日高市の猫

 次の猫民家で最初に見かけたのは、ひげ袋にぽっちのついたサバ白。久しぶりに遊びに来ましたよー。
日高市の猫

日高市の猫

 訝しげにこちらを見ている。顔見知りになるほどは来てないからな。
日高市の猫

 できれば彼岸花の季節に来たかったんだが、ちょうどそのころ引っ越しだの再婚だの色々あって、どうしても時間が取れなかった。
日高市の猫

日高市の猫

日高市の猫

 みんな元気そうで良かったよ。
日高市の猫

 猫ギャラリーはまたあとで覗いてみることにして、その辺の景色を眺め回っていると、畑の向こうから麦わら猫が現れた。
日高市の猫

 飼い猫のようだ。暇だから追跡してみよう。
日高市の猫

日高市の猫

 とことこ。
日高市の猫

 完全に無視したまま、自宅と思しき民家の敷地に落ち着いた。今日は写真の数が中途半端に多かったので、明日か明後日あたり、紙面に余裕がある時に残りを載せる。
日高市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  7. 府中市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP