まだ暑い三浦沿岸散歩(3)


三浦市の猫

 今回の伊豆四島猫旅は移動手段の限られた離島を短時間でなるべく多く回る必要があり、そのため東京愛らんどシャトルと呼ばれるヘリコミューターを何度か利用することになった。この路線は毎日1回、八丈島→青ヶ島→御蔵島→三宅島→大島→利島→大島→三宅島→御蔵島→八丈島の順に巡回するもので、直行便のない島から島への足を確保する上で貴重な存在だが、旅客定員が9名と少なく、特に船の欠航率が高い八丈島~青ヶ島はプラチナチケットと化している。加えてコミューター路線というのは運賃が高く、調子に乗って利用していると旅費で涙ちょちょ切れることになりかねない。今回はどうにか切り詰めて2回(うち1回は3区間の乗り継ぎ)に収めたが、それでも台湾へ行く方がずっと安上りということになってしまった。今回敢えて決行したのは、昨日書いた東京都全自治体制覇だけが目的なのではなく、青ヶ島の二重カルデラを一目見たかったからでもある。地学好きな俺にとって青ヶ島の地形は垂涎ものだ。
 今日は八丈島から船で青ヶ島に渡り、明日10:20に発つヘリコプターの時間まで滞在することになっているが、それはあくまで予定上のこと。八丈島~青ヶ島を結ぶ船は船体が小さく、加えて青ヶ島港は地形的な制約から防波堤がないため、就航率は6割強に留まっている。10月に限っても平均66%程度だそうなので、もし欠航となれば、ほとんど無理なヘリのキャンセル待ちに賭けるか、青ヶ島自体を諦めることになる。
 なのでこの記事が予約投稿で公開されるころ、俺は青ヶ島にたどり着けているのか、それとも船が欠航してほかの場所にいるのかは本当に分からない。訪れる機会はたぶんもうないと思うので、できれば渡りたいんだけれども……。
 さて、三浦散歩の方はようやく漁港にたどり着き、1匹だけとはいえ人懐っこい黒に会えて一安心。しかしこの日はよく晴れて気温もすでに21℃を超えており、黒は暑がって日陰に隠れてしまって出てこない。漁港に一人取り残され、どうしようかなあと途方に暮れていると、他所者の気配を察した猫が見回りにやってきた。
三浦市の猫

 君は奥の家の飼い猫かな。ちょっとだけモデルになってくれないかなー。
三浦市の猫

「いいけど、そこのお連れさんはいただけないわね」
三浦市の猫

 あらま、ついてきてたの。
三浦市の猫

「シャー! 人の縄張りでなにさらしてけつかんねん」
三浦市の猫

三浦市の猫

 2匹は反りが合わないみたい。黒はどこかへ走って行っちゃった。
三浦市の猫

 茶トラは縄張り巡回に出発した。草むらに不審物を発見。
三浦市の猫

三浦市の猫

 バッタを咥えて走り去る茶トラの背中を眺めていたら、途中で取り逃がしたらしく、ぴょんぴょん飛び跳ねながらあとを追いかけて行った。
三浦市の猫

 漁港に一人残され、暑くもなってきたのでそろそろ引き返すことにした。再び小さな集落を通り抜け、海岸から少し離れた路地を行くと、そこにはいつも立ち寄る猫民家がある。今日はどうかなと思って覗いてみると、果たして2匹の猫が思い思いに寛いでいるところだった。
三浦市の猫

三浦市の猫

 ちょうど家の人が庭に出ていたので、猫の写真を撮らせて欲しい旨を伝えると、快く中へ招き入れてくれた。茶トラはマロという名だそう。
三浦市の猫

三浦市の猫

 三毛は聞き忘れちゃった。5月に来た時はほかに鉢割れの茶トラ白がいたほか、去年の秋は2匹のクリームにも会ったので、ここにはほかにもたくさんいそう。
三浦市の猫

 集落では来た時よりも帰りの方が猫を見かける。朝なら濡れ縁に座っているけど(一例)、もう暑いので日陰に隠れているね。
三浦市の猫

三浦市の猫

 去年も見かけたキジ白は呼んでも反応なし。様子を見ていた隣家の奥さんによれば、この辺りはこれでもずいぶん猫が減ったそうだ。
三浦市の猫

 民家の敷地を隔てるフェンスの隙間から猫が出てきた。君は見覚えのある顔だね。
三浦市の猫

 あとをついてくるキジトラと一緒に砂浜へ降りてみると、海を眺める猫がもう1匹。
三浦市の猫

三浦市の猫

 にゃーんと鳴き合う2匹。これはもしかして……。
三浦市の猫

 やっぱり! キジトラファミリーの母だー!
三浦市の猫

三浦市の猫

 椰子の木の広場で見かけなかったので、今回は会えないかと思っていたよー。元気そうで良かった。
三浦市の猫

 最初にフェンスから出てきたのは息子。前々回の記事で紹介したシャイな息子ではなく、シャイじゃない方の息子。
三浦市の猫

 もう少し違う表現で伝えられたらいいんだけれども、2匹の兄弟は本当にそっくりなので、ほかに言いようがないんだよなあ。
三浦市の猫

三浦市の猫

 3時間45分という長めの散歩はこれでおしまい。最後にキジトラファミリーの残りに会えたのはラッキーだった。次はハマダイコンの花が咲くころにまた来る。
三浦市の猫


関連記事一覧

  1. 大田区の猫
  2. 調布市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 渋谷区の猫
  6. 大武郷の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  3. 甲府市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 八王子市の猫

    2024.2.14

    お仲間集合
  7. 稲城市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です