猫類みな兄弟


立川市の猫

 朝猫がそんなに期待できなくなってきたので、お昼休みに賭けるしかなくなってきたわけだが、もともとご飯を食べるのが遅い俺が精一杯頑張っても、猫散歩に割ける時間は30分程度だ。都心のように猫密度が高くない西多摩で、果たしてどれだけ見つけ続けることができるんだろうか。
 ……というような心配をよそに、今日の昼休みは会社近くで猫の集団が遊び回っていたので、呆気なく収穫があった。まあこういう日もある。
 この子はキジ白っぽいが、よく見るとクラシックタビーだ。ということは、親は9月6日のあいつかな。
立川市の猫

立川市の猫

 写真を撮っているうちに、何かの気配を感じたのか、2匹とも民家の柵の中に逃げ込んでしまった。
立川市の猫

立川市の猫

 しかし俺はこの辺りの猫には有名人なので、待っていればそのうちまた出てくるんである。これで30分のうち10分ぐらい使ってしまった。
立川市の猫

 再び歩き出してすぐに、植え込みから子猫が覗いているのに気づいた。
立川市の猫

 生まれてから2ヶ月ぐらいかなあ。
立川市の猫

 あれ、未亡人だ。子持ちだったの? ていうかこの子猫もクラシックタビーじゃん。あいつ……。
立川市の猫

「猫の血筋は見た目じゃ分からんよ」
立川市の猫

 その後、少し離れた公園でお弁当を食べていると、もの欲しそうな表情で麦わら猫が近寄ってきた。実はこの子は近所のサラリーマンがくれるご飯が目当てなんだが、スーツ姿だとみんな同じに見えるのかも知れない。
立川市の猫

 小首をかしげて見つめられてもなあ……。全部食べちゃったよ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  3. 宮古市の猫
  4. 久慈市の猫
  5. 三鷹市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  7. 八王子市の猫
  8. 洋野町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP