トイレは入れたくなかった


福生市の猫

 毎日いい天気が続いて散歩も捗り、今月は何と一日も休まずに更新してしまった。体がきついので、たぶんもう二度とやらないけど。
 今日は午前中から青梅に行ってみたが、出かけた時間が遅かったのか、いつにも増して芳しくなく、途中で諦めて福生の猫たちに助けを求めた。いるところにはいるらしいんだが、どうも俺は青梅の猫とは相性が悪い。
 散歩開始は東青梅駅で、そこから心当たりのある場所をいくつか回ってみたものの全滅。40分ほど歩いて細い路地に入り込んだところで、ようやく見つけた。こういう路地は迂回できないので、近寄っても大方逃げられるんだよなー。
青梅市の猫

 三毛が逃げた先にはもう2匹いた。
青梅市の猫

 黒白は隣の庭に逃走。
青梅市の猫

 その一部始終を眺めているのもいた。
青梅市の猫

 線路端に茶トラを発見。とてもいい天気なのに、何でみんなわざわざ日陰にいるかなー。
青梅市の猫

 ここも迂回できないので、やっぱり線路の向こうに逃げてしまった。青梅市内を歩いた2時間あまりで見つけたのはこれだけ。
青梅市の猫

 ちょっと収まりがつかない結果だったので、福生の猫たちの協力を仰ごうとやって来たが、いつもの猫歓楽街には猫影一切なし。福キジ1号の公園に向かっている途中でようやく1匹見つけた。
福生市の猫

 ホルスタインの公式写真みたいだな。尻尾が紐状だったらほぼ牛だ。
福生市の猫

 ホルスタインにしても、こういう黒白猫にしても、ぶち模様の被毛は家畜化した動物の特徴の一つで、「家畜化の表現型」とも呼ばれるそうだ。野生動物がいかにして家畜化するのか、こちらに面白い記事があるので、興味のある方はどうぞ。
福生市の猫

 ホルスタインと別れて公園に行ってみると、日の当たる落ち葉の上に福キジ1号が佇んでいた。
福生市の猫

福生市の猫

 夕方のような日差しだけど、まだ14時。猫が起きるには早いか。
福生市の猫

 紅葉と猫と公衆便所の見事な調和。
福生市の猫

福生市の猫

 塀の上でお昼寝中のがいた。塀の下のキジトラはさっさと逃亡。
福生市の猫

福生市の猫

 以前も見かけた茶霜降り。最近よく会うな。
福生市の猫

 ドアップにしようと近寄ったら後ずさり。カメラのレンズは苦手のようだね。
福生市の猫

 かつての米軍ハウスと思しき民家にも1匹。
福生市の猫

 顔の模様が個性的な茶トラ。今日は4時間半も歩き回ってくたびれた。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 枋寮郷の猫
  4. 立川市の猫
  5. 杉並区の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP