キジ白を追う黒を追うサラリーマン


府中市の猫

 夜勤前の散歩は、朝と違って穏やかな陽気で、冬晴れの街並みもきれいに見えるので、歩いていて楽しい。夜勤明けも同じような時間帯だが、眠くてヘロヘロになっているので、いくら楽しくても体がもたなかったりする。
 昨日も一昨日も1匹だけで淋しかったので、今日は1時間20分ほど早く出て、久しぶりに古墳の神社に行ってみることにした。14時ごろ家を出て駅前通りを歩いていると、行き止まりの路地で日なたぼっこしているのがいた。まずは今日の1匹目だ。
昭島市の猫

 こいつはたぶん奥の家の猫。滅多に出てこない子で、この3年弱の間で2~3回しか見たことがない。
昭島市の猫

 立川から南武線に乗り換えて、古墳の神社に行ってみたが、お昼寝タイムだったせいか猫は不在。そのまま分倍河原まで歩くことにして、東に向かってぶらぶら行くと、前方に黒いお尻を発見した。
府中市の猫

 お尻を追跡していたら、脇のアパートに黒いのがいた。お尻の黒とは別の猫。
府中市の猫

府中市の猫

 人懐っこそうな感じだったので近寄ったら逃げた。
府中市の猫

府中市の猫

 塀の上で様子見モード。きれいな毛並みの黒。
府中市の猫

 隣の家の塀にも猫がいた。みんなあどけない顔立ちをしているね。
府中市の猫

府中市の猫

 こちらを気にするキジ白のうしろから、怪しげな黒い影が……。さっき道端にいたお尻の黒は、このキジ白を狙っていたらしい。この直後、うしろに気づいてびっくりしたキジ白は1mほど飛び上がって逃げ、その勢いに驚いた黒もドリフトかまして走り去った。笑ってしまって写真は撮れなかった。
府中市の猫

 さっきの2匹の様子がおかしくて、思い出し笑いしながら歩いていると、駐車場の向こうに三毛発見。
府中市の猫

府中市の猫

 砂利を踏む音で警戒したか、逃げ腰の三毛。ほかにも2匹ほどいたけど、最終的に全員逃亡。
府中市の猫

 駐車場の隣は、何度か訪れたことのある猫民家だった。
府中市の猫

 もうバレてら。
府中市の猫

 反対側に回ってみると、茶トラ白がもう1匹。ほかにも数匹いるようだったが、茂みに隠れてしまって出てこない。
府中市の猫

 「残念だったな、すでに総員退避済みだ」
府中市の猫

 とはいえ、基本的にまとまりのない猫集団。呑気に寝ているのもいるのだった。
府中市の猫

府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP