開拓はしてみるもの


八王子市の猫

 今日は夏休み明けの夜勤。新居から初めての出勤ということで、どこを歩くか悩んだが、部屋の整理がだらだらと続いて疲れが残っているため、簡単に自宅~高幡不動までにしておいた。高幡不動まで行けば、モノレールで多摩センターに出られて、そこからバスに乗れば、職場の目の前まで運んでくれるから都合が良い。以前と同じく12時半に家を出て、数分歩いたところで猫に遭遇した。新居の周りも猫が多くて楽しいな。
日野市の猫

日野市の猫

 日野は水の郷であり、東京都内にあって比較的規模の大きな農家が多く、猫を大切にする風習が残っているのかも知れない。この子も機嫌が良さそう。
日野市の猫

 高幡不動までの間にカメラに収まったのは1匹のみ(スルー2匹)。これでは少し淋しいので、モノレールを途中下車して、松が谷から多摩センターまで追加で歩くことにした。引っ越して職場までだいぶ近くなったのに、従前通りに出発したので、時間もだいぶ余っていた。
 緑豊かな丘陵地帯を歩いていると、眼下に不自然な色合いの物体を発見した。
多摩市の猫

 おお、橋の下に猫がいるではないか。
多摩市の猫

 まさかここまで下りて来るとは思わなかったというような顔つき。
多摩市の猫

 味気ないニュータウンの斜面に猫がいるとはなあ。先入観に囚われてはいけないな。
多摩市の猫

 再び道路に戻ると、植え込みに遮られて見えなかったもう1匹が現れた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 イエネコは自然環境下では自活できない。この子たちが暮らしているということは、こんな淋しいところまで、ご飯を運んでくれる誰かがいるのだろう。ここにはいずれまた来る。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. あきる野市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 羽村市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 新宿区の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  4. 小金井市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP