走って出勤して死にそうになった朝


昭島市の猫

 東京地方は17℃まで気温が上がるということだったので、当然朝から晴れていると思っていたら薄曇りだった。今朝は奥多摩街道からバスに乗るつもりで家から散歩を始めたので、ちょっと薄暗くてモチベーションが上がらなかった。
 1匹目は五鉄通りの土手で見つけた猫。
昭島市の猫

 倒れかかったトタン板の下で捜し物をしていたらしい。
昭島市の猫

昭島市の猫

 このあと民家の庭に入って行ったので、少し追いかけてみたが、見失ってしまった。
昭島市の猫

 某巨大神社に着くと、早速いつもの黒白が登場。境内を掃除していたおばさんに挨拶して、しばらくこの子と戯れた。
昭島市の猫

 毛並みや体格から、可愛がられていることが窺える。もともとこの辺りは養蚕が盛んな土地だったので、猫を大切にする風習が残っているのかも知れない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 境内を出てバス停に向かっていると、頭の上からにゃあゃあ鳴く声が聞こえてきた。近所の奥さんと思しき人が、庇の上を見上げている。
昭島市の猫

 挨拶して話を聞くと、飼い主宅の人が外に出したまま旅行に出てしまったらしい。「面倒を頼まれたんだけど、降りてこないのよ」と困った様子だった。よく見ると、去年の夏に会ったことのある茶トラ白だ(この子)。久しぶりだなあ。
昭島市の猫

 降りられないわけではないんだが、この辺は野良が多いので、いじめられるのが怖いらしい。
昭島市の猫

昭島市の猫

昭島市の猫

 その後、奥さんとしばらく立ち話。飼っている猫を見せてもらったりして、ゆっくりしているうちに、乗る予定のバスに遅れてしまった。次のバスはものすごくちんたらした運転で、そのまま立川まで乗ってたんでは遅刻してしまうので、途中の西立川で降りて電車に乗り換え、会社まで走って何とか間に合った。死ぬかと思った。
 お昼休みはそんな朝の疲れが残っていたので、半ば呆然としたまま散歩。某巨大自治体の水道局で猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 梅はほぼ満開だけど、桜の木はまだ丸裸。まだまだ寒いよ……。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 稲城市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 杉並区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  3. 小金井市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP