新旧の散歩道


昭島市の猫

 夏休みと称する引っ越し期間は今日で終わり、明日から仕事が始まる。ただし勤務シフトの関係上、明日の夜勤を終えたらまた2連休なので、すぐに社会復帰してバリバリ働かなければならないというような脅迫感はまだない。
 一応、連休の終わりということで、一日中家で大人しくしているつもりだったが、ここのところ忙しくて髪を切る暇がなかったので、今日のうちに切りに行くことにした。昨夜から断続的に降り続いていた土砂降りの雨は、午後になってからぴたりと止んで、出かけるチャンスでもあった。
 行きつけの床屋は西立川にあり、わざわざそこまで出かける以上、猫も探さなければならない。今日は大森猫散歩の後半を載せるつもりだったが、そんなわけで予定を変更して、出会ったばかりのフレッシュな猫たちを紹介する。今日の散歩コースは自宅(新居)~豊田と、西立川~床屋~立川の2区間。
 新居の近くには小さな魚屋があって、引っ越してきて以来、店先に集まる猫を何度か見かけている。今日は雨上がり直後だったせいか、店から離れた道端に立ち尽くしていた。あれは初めましての茶トラ白。
日野市の猫

日野市の猫

 警戒して民家の敷地へ逃げ込んだ。人懐っこい猫ではないようだな。
日野市の猫

 アンフレンドリーなのがもう1匹。
日野市の猫

 警戒感あふれる2匹。もう少し爽やかに出会いたかったぜ。
日野市の猫

 自宅から豊田駅までは2kmほど。道中、気配は感じるものの、猫の姿はなく、駅の近くまで来てようやく次のに遭遇した。あれは4月にも見かけた子だ。
日野市の猫

日野市の猫

 無反応のままこちらを見つめている。なかなか貫禄のある体つきだな。
日野市の猫

 このブログでは極めて珍しいサバ渦白(シルバークラシックタビー白)。この子を含めて今まで2例しかなく、残り1例は恐らく判定誤りなので、実際はこの子が唯一。また会えて嬉しいよ。
日野市の猫

 行きがかり上、美人さんの妹と呼んでいる、精悍な顔立ちの男の子。
昭島市の猫

 引っ越しの挨拶ができずにいたが、巡回中のところへ偶然行き会った。しばらくお別れなので、もう1枚。
昭島市の猫

昭島市の猫

 巡回中の妹は忙しいので素っ気ない。でもまあ最後に挨拶できて良かった。
昭島市の猫

 じゃねっ。
昭島市の猫

「こないだ会ったばかりじゃねえか」
昭島市の猫

 民家の敷地でビバークする猫発見。
立川市の猫

 だらだら続いた暑い日々が終わり、今日は午後から北風が吹いた。まだ冬毛の生え揃わない猫はもう寒いのだろうか。
立川市の猫

立川市の猫

 茶猫タウン中央にて。
立川市の猫

 電車が接近して線路端を離れたので、出てきそうな場所で張っていたら、別猫が現れたでござる。どちらも近所に住む隙間家族の一員。
立川市の猫

 散歩の終わりは人妻三毛ちゃんち。隣の立駐建築工事が休工日なので、戻っているかと思って寄ってみたが、相変わらず茶トラ白がぽつねんとするのみだった。
立川市の猫

 三毛ちゃんは出奔しちゃったか。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 礁溪郷の猫
  3. 關山鎮の猫
  4. 福生市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 白河市の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  4. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  5. 昭島市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP