黒猫テッカテカ


八王子市の猫

 3連続夜勤を終えた今朝の俺は虫の息であった。退勤間際に立て続けに仕事が入ってきたこともあり、職場をあとにしたのは11時近くになっていて、家に帰る気力も寄り道する気力もないまま、京王堀之内駅でバスを降りたあとは、目的地も定まらないままとぼとぼ歩き始めた。
 とは言っても、基本的にこの辺りは交通の不便な場所だ。本気で彷徨ったのでは、途中で体力が尽きてしまうので、とりあえず多摩モノレールの線路がある方に向かうことにした。地図も何も用意していなかったが、方角的に、自分の影に向かって歩けば行き着くはずだった。
 正午近い田舎道は日差しが暖かくて気持ち良かったが、猫影は薄く、歩き始めて20分ほどでようやく1匹目に遭遇した。
八王子市の猫

八王子市の猫

 呼ぶと返事はするものの、3m以内には近寄らせてくれない。近くで黒白も見かけたので、どこかに猫の拠点があるのかも知れない。
八王子市の猫

 河岸断崖に沿う散歩道は起伏が多く、住宅を縫うようにして、たくさんの細い階段がある。そうした道の一つを息を切らせて登っていると、民家の裏庭に猫がいるのを見つけた。窓辺からこちらを見ているのもいる。
八王子市の猫

 ポイントカラーの顔面がちょうど影に入ってしまって、表情がよく分からない……。シールポイントにしては赤っぽいから、チョコレートポイントかなあ。
八王子市の猫

 こちらは怠惰な風情。かなり体格がいいと見た。
八王子市の猫

 アパートの前で数匹の猫が寛いでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ……しかし、アスファルトの砂を踏む「しゃり」というかすかな音で散ってしまった。ぬう。
八王子市の猫

 「怪しい人を見かけたら、すぐに逃げなさいって言われているの」
八王子市の猫

 丘を越えて、たどり着いたのは松が谷。住宅街の一角で黒いのに出会った。
八王子市の猫

八王子市の猫

 呼ぶと返事して、指先にすりすりしてくれた。たぶんこの子は去年11月にも見かけた子(こちら)。黒なので分かりにくいけど、胸元の白い差し毛が目印だ。
八王子市の猫

 黒いのもう1匹登場。日差しが強くて毛並みがテカテカだ。黒い被毛の質感を写真で表現するのは、曇りの日じゃないと難しいな。
八王子市の猫

 この子は後ろ足だけ短いソックス。ソックスを発現する遺伝子は、詳しく解明されていないらしいけど、白斑であることは確からしい。ということは、この子は黒白ということになるのかな。
八王子市の猫

 「そだよー!」
八王子市の猫

 もう1匹の方は真っ黒くろすけ。少し年上に見えるね。
八王子市の猫

 丘陵地を歩き回ってくたびれたけど、最後に君たちに会えたので疲れが取れたよ。それじゃまたね。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 三浦市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 日高市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し
  8. 府中市の猫

    2020.5.15

    市内を開拓

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP