動物と衝撃


国立市の猫

 いつも通り早起きして、6時半に家を出て駅に行ったら、電車が止まっていた。「朝っぱらから勘弁してくれよ」と思いつつ待つこと15分。激混みの立川行きが6両編成でやってきた。ドア上のパネルを見ると、五日市線の遅延情報に「動物と衝撃(Animal Impact)」と書いてあった。いつも思うが、JRの使う日本語や英語はちょっとズレている気がする。
 予定では矢川駅の北側でも歩いてみるつもりだったが、そんな事情で先行電車が詰まってしまって、東中神でしばしの停車。動き出すのなんか待っていられないので、予定を変更して、今朝は東中神~中神を歩くことにした。
昭島市の猫

 この子は鳴き声が可愛らしかった。
昭島市の猫

 車の下からこちらを眺めていた茶白。
昭島市の猫

 引くとこんな構図になっている。実はもう1匹写っているんだが、この写真じゃ分からないかな。
昭島市の猫

 それは、こいつだ!
昭島市の猫

 青梅線の東側にはあまり期待していなかったんだが、意外にたくさんいた。出勤前の最後は、黒いのが見送ってくれた。ガン飛ばしているようにも見えるけれども。
昭島市の猫

昭島市の猫

 気候がいいので昼休みもたくさん見つけたが、光線状態とか諸般の都合でだいぶ端折っている。やっとまともに撮れたのは、以前も見かけたシャム混じり。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 黒白率が高いような気がするが、今日に限ったことではない。
立川市の猫

立川市の猫

 市境を越えて国立市内に入った。路地の奥からこちらを見ている。
国立市の猫

国立市の猫

 最後も黒白。ぜんぜん起きなかった。
国立市の猫

国立市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP