京王線猫行脚6(明大前→下高井戸)


世田谷区の猫

 駅から駅へ、知らない街で猫を探し回り、最低3匹見つけないと次の区間に進めない猫行脚シリーズ。「真夏にやるもんじゃない」という南武線時代の教訓を生かし、しばらく活動を休止していたが、最近ようやく朝夕涼しくなってきたので再開することにした。今回は京王線猫行脚の6回目となる明大前〜下高井戸。
 代田橋の手前から芦花公園までは、ざっくり言うと線路の南側が世田谷区、北側が杉並区となる。どちらも若いころ住んだ経験があり、当時の猫勘からすると、世田谷区よりも杉並区の方が猫密度が高いように思う。しかし京王線の駅から杉並区へ入るには、広い甲州街道を渡らなければならず、心理的距離感が大きい。特に明大前の辺りは本線が片側2車線、側道2車線に加えて首都高の永福ICまであり、横断できる場所がかなり限られている。しかもその先には明治大学をはじめ寺社仏閣や墓地などなど、広大な施設がいくつも並んでいて、それらを越えて神田川を渡らないと、猫のいそうな住宅街にはたどり着けない。要するに明大前から杉並区へ行くのはとても面倒臭いわけである。
 なので今日の散歩は世田谷区方面の南へと歩を進めた。線路から離れると住居区分が第一種低層住居専用地域になり、私鉄沿線特有の雑然とした街並みは、ゆったりとした豪邸の並ぶ高級住宅街へと姿を変える。高級だからといって猫がいないわけではなく、過去には松濤や麻布の猫に会ったこともあるが、下町に比べるとやはり密度は低い。1匹目を見つけるまでに要した時間は30分と、前途多難を思わせる出だしだった。
 可愛いから疲れは飛んでいくけれども。
世田谷区の猫

 民家の生け垣に隙間があったので、辛うじて撮影できた。
世田谷区の猫

 とある緑道に佇む黒。古い航空写真によると、かつてここは川で、両側には水田が広がっていたようだ。
世田谷区の猫

 尻尾ぴーん。人懐っこい子だ!
世田谷区の猫

 ほら鳴いてるし。
世田谷区の猫

世田谷区の猫

 田んぼが広がっていたなら、この辺りの農家で活躍したネズミ番の末裔かもね。
世田谷区の猫

 「今はネズミを捕ると嫌がられるんだよ」
世田谷区の猫

 人懐っこい黒の次は民家の奥の方で寝ていた黒。この辺りはぼちぼちと。
世田谷区の猫

世田谷区の猫

 こちらは草むらの駐車場で見かけたサバトラ。
世田谷区の猫

 警戒心が強く、近寄る素振りを見せたら逃げてしまった。
世田谷区の猫

 とあるアパートでシャカシャカ中の猫発見。
世田谷区の猫

世田谷区の猫

 地味に避けられて、向かいの民家へ逃げてしまった。最初の二毛から2時間20分、規定数は満たしたものの、今ひとつ冴えない結果だった。
世田谷区の猫

 最後に紹介するのは地元の顔馴染。
府中市の猫

府中市の猫

 こっち方面は中河原駅を利用する時くらいしか通らないので、見かけるのは久しぶりかも。
府中市の猫

 玄関前には三毛3号もいた。
府中市の猫

 せっかく仮の名前を付けたのだから、もう少し頻繁に会いたいなあ。でも同じ距離と時間で分倍河原へ行けるのに、わざわざ中河原を使う理由はないんだよなあ。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 江東区の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  6. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  7. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP