南の猫と北の猫(竹富編1)


竹富町の猫

 冷たい雨の降り続くこの天気は風邪気味の体には辛い。今日は竹富島の写真を用意してあったので何となかったが、明日以降、台風14号が通りすぎるまでは更新が途絶えるかも知れない。急に寒くなったので、部屋の模様替えとか冬物の服を出すなど、まだ何もできずにいる。サチコが布団に潜り込んでくるようになったので、夜は暖かく過ごせているけれども。
 さて、猫旅の方はいよいよ南国へと進み、前回の記事では石垣市内で見かけた猫たちを紹介した。細い通りが縦横に走る飲食街はコンクリート造りの建物が犇き、時にどぶの匂いが鼻を衝いたりもして、台湾の路地裏によく似た雰囲気を醸し出していた。
 竹富島行きの船が出港したのは16:00。堤外で全速航行したのはわずかな時間で、竹富港には20分足らずで到着した。乗船率は2割に達するかどうかというレベルで、全体では20人ほどしか乗っていなかった。あとから島民に聞いたところによると、多くの観光客は午前中の船で来島し、夕方までには石垣へ戻ってしまうそうだ。石垣から15分ほどで渡れるので、竹島を日帰りにして、ほかの観光地と掛け持ちするのだろう。俺のように16時すぎに来島するのは少数派だそうだ。
 東シナ海を台湾で見たことはあるが、国内では初めて。海は青いものの雲が多く、船着場の待合所の隅では1匹の黒白が隠れるようにして寝ていた。
竹富町の猫

竹富町の猫

 お休みのところ済みませんね。観光客ですよ。
竹富町の猫

 くんくん。
竹富町の猫

 指の匂いを嗅いで長考したあと、待合所の外に出てモデルになってくれた。俺の指はそんなに悩ましいかな。
竹富町の猫

竹富町の猫

 竹富港から集落の入口までは900mほど離れていて、歩くと10分ほどかかる。この日の竹富島の日没は18:35で、それまで2時間もあるので、散歩する時間はまだまだある。放牧された肉牛や山羊などを眺めながら、集落の入口を過ぎてしばらく行くと、石垣に囲まれた空き地に黒いのが佇んでいた。
竹富町の猫

竹富町の猫

 突然近寄ってきたよそ者に身を固くする黒。
竹富町の猫

 バナナの下に隠れてしまった。上手いこと紛れるもんだね。
竹富町の猫

 八重山諸島に独特の野面積のづらづみの塀は、目隠しとともに台風の風除けを兼ねており、珊瑚由来の琉球石灰岩が使われているそうだ。異世界に入り込んだような気になって、周囲をきょろきょろ見回しながら歩いていると、行く手を猫が横切った。遠目にはチョコレート白に見える毛色。
竹富町の猫

 待ってくれー! 少しだけモデルになってくれないかな。
竹富町の猫

「別にいいけど」
竹富町の猫

竹富町の猫

 その場に留まってくれたのはポイント三毛さん。鼻の頭に少しだけレッドが乗っているね。
竹富町の猫

 日が傾いて日陰になった路地に黒がいた。そろそろ夕食の時間かな。
竹富町の猫

 目がまん丸。地面が砂だから、気づかれずに接近することはほぼ不可能。
竹富町の猫

 微妙な姿勢ながら、何とか踏み止まってくれた。お騒がせして済みませんね。
竹富町の猫

 小一時間ほど歩いたところで、「いつ着くのか」と宿から電話が入った。ウェブで予約した時にフォームに入力したつもりだったが、送信されていなかったようだ。そろそろ疲れてきたところでもあり、早く顔を見せて安心してもらおうと宿へ向かっていると、塀の切れ目から小柄な猫が駆け寄ってきた。
竹富町の猫

竹富町の猫

 とててて。
竹富町の猫

 ずざー。
竹富町の猫

 地面が珊瑚の砂なので、ごろーんというよりも、ずざー。
竹富町の猫

竹富町の猫

 私は東京から来た猫好きの者ですよ。明日も散歩するから、島の猫たちによろしく伝えておいてくださいな。
竹富町の猫

「はーい」
竹富町の猫

 沖縄東北猫旅の初日はマルという名の人懐っこいサバトラで終了。動画も撮ったのでこちらからどうぞ。
 竹富猫散歩は明日に続く。
竹富町の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 青梅市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP