アビちゃんの可愛い首輪


日野市の猫

 今日は新居で11時に約束があり、その前後の空いた時間に散歩したので、割と広範囲の猫に会うことになった。ドピーカンの空模様からすれば、もう少したくさん会えてもいいような気がするが、老化して集中力が落ちてきたせいか、ここのところあまり調子が良くない。
 小学校1年生の時に半田ごてを握って以来、俺は多趣味の道を突き進んできた。その中でも鉄道関係と音楽関係は割とよくやった方だと思うが、時間とお金ばかりかかった上に、何か一つ極めたわけでもなく、殊に音楽などは深遠すぎて、自分の影を追いかけているだけのような気になって、ある時期からは、真面目にやればやるほど徒労感が強くなった。純正律でハモった時の、他の奏者と精神の深い部分でシンクロする感じは、ほかのいかなることでも得られない快感だったが、それだけに、踏ん切りをつけるまで30年もかかった。猫散歩を始めたのは、そのわずか2ヶ月後のことだったが、もっと早くから始めていれば良かった。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の1匹目は猫物流跡地から。11時の約束まで時間があったので、豊田駅から首都大学の方まで歩いてみたが、猫影は限りなく薄く、唯一会えたのが茶トラ白の父。婆さんは不在だった。
日野市の猫

日野市の猫

 ここは駅から遠く、引っ越し後はあまり来られなくなる。父だけでも会えて良かった。
日野市の猫

 一旦家に戻り、荷物を持って新居へ向かう。タイミングのいいことに、アビちゃんが日なたぼっこに出ていた。
日野市の猫

 アビちゃんは眠そう。お昼寝タイムが近いな。
日野市の猫

 緑とエンジのリボンだった首輪が、いつの間にかお花のアクセサリーに変わっている。君はお洒落な子だね。
日野市の猫

 中河原から新居への道もぽつぽつと猫が散見される。あのキジ白は巡回帰りだな。
府中市の猫

府中市の猫

 正面に回ってもう1枚。この直後、塀伝いに見えなくなるまで逃げてしまった。
府中市の猫

 行く手の猫民家はすでに何度か紹介した家。今日は2匹の猫が出ていた。
府中市の猫

 どちらも今月9日に会ったばかり。
府中市の猫

府中市の猫

 ここは新居から直線距離で50mしか離れていないんだが、入り組んだ路地のせいで、200m以上歩かないとたどり着けない。もしかしたら新居の庭は、すでにこの子たちの縄張りかも知れない。
府中市の猫

 用を済ませて、帰り道は散歩を兼ねて府中駅へ向かった。水飲み中の茶トラ発見。
府中市の猫

府中市の猫

 飲み終えて日なたに出たところを1枚。
府中市の猫

 遠い記憶の糸をたぐり寄せたところ、こいつに会うのは2年3ヶ月ぶりあることが判明。相変わらずきれいな毛並みで何より。
府中市の猫

 モノクロ爺さんの拠点にも寄ってみたが、どちらも見当たらず、こちらの黒白はご近所のどなたか。
府中市の猫

 爺さんたちみたいに人懐っこくない。
府中市の猫

府中市の猫

 そして最後は平山に戻り、猫ヶ丘下で最後の1匹と相成った。仕事は明日まで休みだが、猫を探す元気があるかどうか……。
日野市の猫

日野市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 青梅市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP