PENTAX SV修理完了


新宿区の猫

 2月7日に出したPENTAX SVの修理が終わったと連絡があり、休みの日にでも受け取りに行こうと思っていたんだが、今月の前半は連休がなく、日野から行きにくい新井薬師前へ行くのに一日使うのはもったいないので、夜勤明けのついでに寄って受け取ってきた。帰宅したのは14時すぎで、普段と比べてもそんなに遅くはなかったが、猫を探してから行ったので結構疲れた。
 父がこのカメラを買ったのは大学4年の冬ごろだったようだ。その時の恋人(つまり母)がすでに俺を身籠っていたので、生まれたらたくさん写真を撮るつもりで奮発したのだろう。露出計もついていない簡素なカメラではあるが、それでも当時の大卒初任給の倍近い値段だったそうだ。当時カメラを持つ人の多くがそうだったように、自宅に暗室を設け、現像も焼き付けも自前でやっていたようだ。カラーフィルムの処理は素人には敷居が高いので、使っていたのはもっぱらモノクロネガ。子供時代の写真がモノクロばかりだと、ものすごく古い時代に生まれたみたいで、人に見せるのが嫌だったなあ。
 猫の方は大都会・新宿の2匹から。会いたいと思っていた子に初っ端から会えて、若干のけぞりながら撮影。
新宿区の猫

 会いたかったのは奥のチョコ白。去年の5月以来13ヶ月ぶり。
新宿区の猫

新宿区の猫

 プスプス言いながら近寄ったら様子を見に来た。チョコ白という毛色が珍しいのは無論のこと、こいつは子猫の時にも見かけたことがあり、心に残っている猫でもある。
新宿区の猫

 唐木田から小田急の急行に乗って、新宿に着いたのは10:51。正午を過ぎるとランチタイムの勤め人がわんさか出てくるので、猫を探すのはそれまでの1時間限り。気温は25℃を超えたくらいで、猫的には少し厳しいかなと思っていたが、次も割とすぐに見つかった(写真ではものすごく分かりにくいけど)。
新宿区の猫

新宿区の猫

 カメラに気付くと丸い目がもっと丸くなった。猫って本当に表情が豊か。
新宿区の猫

 定点の猫駐車場にはキジトラが1匹。どこかで見た光景だと思って、帰宅してから調べたら、去年5月にもまったく同じアングルで撮影していた。道幅がとても狭いので、どうしてもそうなりがち。
新宿区の猫

 たぶん猫も去年と同じ。
新宿区の猫

新宿区の猫

 新宿の猫は以上。
 以下は修理済みのカメラを引き取って、新井薬師前駅から中野駅へ向けて歩いてる時に見かけた猫。
中野区の猫

 暑いからもういないと思っていたけど、さすが中野区は猫が多いだけあるね。
中野区の猫

中野区の猫

 毛色はこのブログで言うところのキジ渦白、すなわちブラウンクラシックタビー白。おっかなびっくりしているところ、横から撮らせてもらった。
中野区の猫

 最後に猫を見かけたのは、強い日差しの降り注ぐ12:45。
中野区の猫

 実は巧みに日陰を選んでいるのだった。
中野区の猫

 今日はこれでおしまい。
中野区の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP