アビシニアンのブルー


東村山市の猫

 引っ越し作業と夏休みを兼ねて月末に5連休を取ったので、今月の後半はやや変則的な勤務で、一昨日と昨日に続いて明後日と明明後日も夜勤となる。夜勤の時は散歩の時間が取れなくて、原則ブログも休んでいるが、一日一猫と銘打っている以上は、更新回数が3分の2(月単位なら20回)を割らないようにしたい。天気には恵まれそうだから、あとは俺自身の体力の問題なんだけれども。
 今日は仕事帰りに床屋に寄るため、東所沢で途中下車した。朝のうちはやや雲が残っていて、風も涼しく、上着を着ていても散歩には支障なさそうだった。まずは髪を切る前にサビ発見。
所沢市の猫

 盛大に開脚中だな。
所沢市の猫

所沢市の猫

 この子は近所の猫民家の子。子猫の時は敷地内が遊び場だったが、成長するにつれて縄張りが大きくなってきた。去年12月に初めて会った時はこんな感じだった。
所沢市の猫

 1時間ほどかけて散髪を終え、散歩本番は定番コースの新秋津まで約6.5km。床屋を出て間もなく、駐車場で佇立するキジトラを見かけた。
所沢市の猫

所沢市の猫

 この辺りは割と猫の巣窟で、夕方歩くと10匹近く見かけることがあるが、どれも臆病で、目が合うなり飛んで逃げてしまう。ここで撮影に成功したのは今日が初めて。
所沢市の猫

 散髪後は雲が消えて強い日差しが照りつけた。風が冷たいので散歩は快適だが、気温は20℃ほどで、猫が日陰に入ってしまう閾値ぎりぎり。猫農家にもいつもの賑わいはなかった。
所沢市の猫

所沢市の猫

 伊之助は元気そう。突然近寄ったのできょとんとしている。
所沢市の猫

 小白斑の黒白はうたた寝中。
所沢市の猫

 ……と思ったら、気配に気づいて起きてしまった。お休みのところ済みませんね。
所沢市の猫

 今日の猫農家は以上の3匹。たぶん年内にもう一度来る。
所沢市の猫

 夜勤明けには眩しすぎる日差しのもと、農村地帯をだらだら歩いていると、畑に1匹の猫が佇んでいた。
所沢市の猫

所沢市の猫

 時刻は11時を回ったところ。おねむのようだけど、少し遊んでくれないかなあ。
所沢市の猫

 ほら、おいでー。
所沢市の猫

 おお!
所沢市の猫

所沢市の猫

 ……と思ったら止まってしまった。寛ぎ場所を探していたらしい。
所沢市の猫

 動かなくなったクリーム猫を諦めて歩き始めると、道端でこちらを眺めているのがいた。
所沢市の猫

 近寄ったら引っ込んでしまった。怪しい者ではないのだよ。
所沢市の猫

所沢市の猫

 「こんな時間にネクタイ締めて猫を構うなんて、充分怪しいぞ」
所沢市の猫

 まだあどけなさの残る茶トラ白。時間をかければ懐きそうだったけど、日なたでうだうだしていたら、くらくらしてきたので撤退。
所沢市の猫

 その後は不振だったが、ゴール地点の新秋津駅に近づき、以前住んでいた家の近くまで来て、ようやく次の猫に遭遇した。日陰なので分かりにくいかな。
東村山市の猫

東村山市の猫

 毛色の分類的には、単なる灰霜降り(ブルーティックドタビー)だけど、雰囲気的にこれはアビシニアンのブルーというやつじゃないかな。耳カットしているのがちょっと意外。
 ちなみに、以前この街に住んでいた時、よく家に遊びに来る黒白猫がいて、勝手に「クロちゃん」と名付けて可愛がっていた(古い動画あり)。このコースを散歩するたびに、会えないかなと思って様子を見に来るんだが、さすがに10年も前のことなので叶わない。でも今日はクロちゃんの代わりにこの子に会えた。
東村山市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 新宿区の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP