神猫1号の待ち人


昭島市の猫

 引っ越しの荷造りと猫散歩の両立は思いのほか厳しく、昨夜は机に向かったまま気絶してしまって、気づいたら午前3時だった。布団に入って寝ようとしたが、窓を開けっ放しにしていたため体が冷え切っていて、なかなか寝付けなかった。今朝は7時すぎに起床して、写真その他の整理をして、お昼近くになってからもう一度寝た。寝過ぎのようだが、こうでもしないと今夜の夜勤が持たない。
 昨日の散歩は一仕事終えた夕方から。バスに乗って某巨大神社の少し手前で降り、いくつかの猫拠点を回りながら神社を目指していると、古びた民家の屋根で寝ているのを見つけた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 今年の夏は雨ばかり降って、それが終わったと思ったら、あっという間に涼しくなった。柿もすっかり色づいている。
昭島市の猫

 そして神社に到着。境内の真ん中に佇む猫発見。
昭島市の猫

 向こうもこちらに気づいてやって来た。
昭島市の猫

 つかつか。
昭島市の猫

昭島市の猫

 約5ヶ月ぶりの神猫1号。なかなか会えなかったけど、毛並みはきれいだし鼻もしっとりして元気そうだった。相変わらず人懐っこくて、油断していると、このように膝に乗っかってきて動かない。
昭島市の猫

 切れ長の目がカッコいい神猫1号。こいつは遊んでいる時も視線は遠くを見ていることが多く、自分を捨てたという飼い主を待ち続けているのかも知れない。
昭島市の猫

昭島市の猫

昭島市の猫

 久しぶりだったので、20分ほど戯れてから境内をあとにした。年内にまた会えるかなあ。
昭島市の猫

 みーちゃんだ!
昭島市の猫

昭島市の猫

 だいぶ涼しくなったせいか、夏の時みたいにごろごろしない。大人の女らしい落ち着いた佇まいだな。
昭島市の猫

 ちょっとでかいけど。
昭島市の猫

 キバちゃん邸の路地に入ると、2匹の猫が視界に入ってきた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 歓迎されていないのは分かっているけど、ちょっとだけ頼むよ。
昭島市の猫

「……」
昭島市の猫

 雲が厚いせいで思ったより暗くなるのが早く、キバちゃん邸で散歩を終えようとも思ったが、もう少しだけのつもりで歩いていると、猫民家の玄関前にやさぐれ黒白が佇んでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 門扉の向こう側にはキジトラもいた。
昭島市の猫

 時刻は16時半すぎ。そろそろ夕ご飯の時間かな。
昭島市の猫

 裏に回ったらここにもいた。やっぱりみんなご飯待ちだ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 青梅市の猫
  2. 東村山市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  8. 宮古市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP