茶色ファミリーにキジ白


朝霞市の猫

 休日の朝は電車の本数が少なく、中央線直通も来ないため、職場のある和光市までは3回乗り換えることになる。それでなくとも短い散歩なのに、そんなに乗り換えたのでは、余計時間がなくなってしまう。乗り換え駅の立川か、西国分寺か、あるいは北朝霞(朝霞台)で散歩すればロスが小さくて済むわけだが、それぞれ諸般の事情があって、それほど頻繁には行っていない。立川は大きいから駅舎から出るだけで時間がかかるし、俺の知る猫拠点がラブホテルに隣接していたりするので、朝は色々と具合が悪い。西国分寺や北朝霞は開拓が充分でなく、30分程度の散歩で確実に見つけられる自信がない。
 そもそも相手が猫である以上、どこを歩いたってダメな時は徹底的にダメなんだが、今朝はそんな日勤前の散歩にしては割と盛況だった。
 歩いたコースはいつもと変わり映えなく朝霞から職場まで。茶色ファミリーの1匹が、車のボンネットに乗っかってこちらを眺めていた。
朝霞市の猫

 塀の向こうを覗いてみるとキジ白もいた。茶色じゃないのもいたんだな。
朝霞市の猫

 茶トラはぽかんとして固まっている。まだ寝ぼけているのかな。
朝霞市の猫

 車の下にも大勢いた。奥で顔だけ出している3匹の両脇がキジ三毛で、ほかはみんな茶トラか茶トラ白。毛色の遺伝的にはとても分かりやすい家族だ。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 初めて見かけた時から5ヶ月が経過して、当時子猫だったのもみんな大きくなった。なお、この家の猫はこれだけでなく、俺の知る限りでは、少なくともあと4~5匹はいる。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 初っ端から8匹も会えたので、幸せな気分で散歩続行。いつもの路地には茶トラ白がいた。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 ご飯待ちと思しきキジ白発見。「お前じゃない」というような顔つきだな。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 ここも定点。今朝は2匹の猫が出ていた。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 サバ白は即座に逃亡の構え。舌を鳴らして気を引いて、何とか思い留まってもらったところ。
朝霞市の猫

 2匹かと思ったらもっといた。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 三毛は両目が白内障のようだった。不自由そうには見えなかったが、両目となると、かなり視力に影響があるはずで、普通の猫より縄張りが狭かったり、決まったコースしか歩かないことが多い。
朝霞市の猫

 4匹の猫たちが集っていた先では、一匹狼的キジ白が丸くなっていた。
和光市の猫

和光市の猫

和光市の猫

 本日最後の猫は、庇の上で薄日に当たっていた。
和光市の猫

 既知の猫拠点に頼ってばかりだが、それでも30分で17匹なら御の字だ。いずれほかの経路も開拓しないとなあ。
和光市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 青梅市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 東村山市の猫
  5. 秩父市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP