戦い見ずして立ち去るサラリーマン


小平市の猫

 今のところまだ日の出時刻は5時台だが、だいぶ暗くなって散歩コースに悩むようになってきた。職場のある和光市から1駅乗り越せば成増で、たぶんそれなりに猫もいるだろうから、もう少ししたらそちら方面を開拓しないと、暗くてどうにもならなくなると思う。真冬の朝に知らない土地を3~40分歩いただけで、猫を見つける自信はないんだけれども。
 まあ先のことはどうでもいいんだが、今日の散歩はいつもの小川から新小平。この区間は最近あまり調子が良くなくて、今朝は辛うじて2匹の猫に遭遇した。
小平市の猫

小平市の猫

 まだ日の差さない猫路地で、キジ白がそわそわしていた。
小平市の猫

 そわそわしていた原因が現れて、睨み合いが始まった。もう少し観察していたかったが、すでに時間切れのため、泣く泣く駅に向かったのだった。なお、今は定番コースの小川~新小平だが、転居後は遠回りになるため、来る機会はあまりなくなると思う。
小平市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 高雄市の猫
  3. 座間市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP