閑散猫拠点


福生市の猫

 今日の夜勤明けは、だいぶ乗り越して福生まで足を延ばした。たくさんの馴染み猫が住む街の中で、今後最も遠くなるのが福生であり、今日は通勤途上に立ち寄る最後のチャンスだったからだが、あいにく強い雨が降り出して、隣駅まで歩くことはできなかった。歓楽街の猫たちは、最近ぜんぜん見かけない。朝夕じゃないと出てこないのかも知れないが、少なくともクリームマッカレルタビーの住むレストランが廃業したのは確かなようだ。住む人がなくなって早くも荒れ始めた建屋の前には、いつのものとも知れないカリカリが撒かれていたが、猫の姿はなかった。あのクリーム猫は、身を寄せる場所を見つけただろうか。
 結局、福生で見かけたのはサビ猫1匹だった。
福生市の猫

 どこかで見たことのある展開だな。
福生市の猫

 4年半前にはなかった強力トゲトゲは、猫にはオーバースペック。どうやら人間の泥棒よけらしい。
福生市の猫

 肝腎の猫は地面に降りて、隙間からこちらを見ている。あいにく美味しいものは持っていないのだよ。
福生市の猫

福生市の猫

 福生で1匹会ったあと拝島にも立ち寄ったが、こちらも空振り。ちょうどやって来た立川行きのバスに乗り、再び途中下車したのは某巨大神社前だった。猫のいない神社に用などなく、丘の下のマダムに会いに来たのだった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 久しぶりにごろーんしてくれたね。嬉しいな。
昭島市の猫

昭島市の猫

昭島市の猫

 ところで、前回この子に会った時、飼い主の婆さんが「太郎」と呼んでいたので、性別を聞いたら、何とオスなのだそうだ。確かにこの子は体が大きくて8kgぐらいありそうだし、顔の作りもオスっぽいとは思うんだが、初めて会った時のこの写真はメスに見えるんだよなあ。いずれまた現物を見に行かなければならないなあ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 日高市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 三浦市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  2. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  5. 川崎市の猫
  6. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  7. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  8. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP