寝坊助と朝帰りの猫


日野市の猫

 あっという間にパーペキな台湾猫旅プランが完成してしまい、あとは出かけるだけと楽しみにしていた矢先、花蓮県で大きな地震があって台東線が寸断されてしまった。
 台湾島というのは大部分がユーラシアプレート上にあって、花蓮から台東にかけての穀倉地帯がかつての東海岸だった。そこへフィリピン海プレートに乗って移動してきた群島が衝突し、迫り上がって現在の海岸山脈が形成されたため、この地域の地質は不安定で断層が多く地震が頻発する。地震発生時の映像を見ると、突然の揺れに驚いたり慌てる様子はあっても、パニックになっているケースは見られず、地元の人たちは多少なりとも地震に慣れているようだった。鉄道の復旧には少なくとも半年はかかるとのことで、もしかしたら猫旅にも影響があるかも知れない。
 今朝の散歩コースは昨日赴くつもりだった日野~甲州街道。満を持してというほど天気が回復したわけではなく、明日からまた雨だというので今のうちにと思って行ってみたが、やはり暗い朝は寝坊助どもがなかなか出てこない。その象徴とも言うべき猫たちのねぐらがこちら。
日野市の猫

 ここは寝坊助四天王の猫拠点。一応目覚めてはいるようだな。
日野市の猫

日野市の猫

 隣の相方も沈黙したまま微動だにしない。
日野市の猫

 まあこの2匹は俺が何も出さないことを知っているからな……。
日野市の猫

 正面の草むらからこちらを見つめる白発見。
日野市の猫

日野市の猫

 実は俺、この時点でも手前のキジトラに気づかずに写真を撮っている。猫を見つけると視線が釘づけになってしまってダメね。
日野市の猫

 しかも手前の子、キジトラじゃなくて二毛だった。よくよく見ると右前足と後ろ足にレッドが入っているし、おでこにも小さなレッドがある。この子に会うのは6月7日以来の二度目だけど、前回は疑わしいと思いながらもキジトラに分類していた。
日野市の猫

 君は間違えようがないけどさ。
日野市の猫

 仲の良い2匹。親子か兄妹かな。
日野市の猫

 あらやだ。
日野市の猫

日野市の猫

日野市の猫

 白はぐりぐり撫でられるぐらい人懐っこいけど、二毛はカメラが苦手みたい。
日野市の猫

 定点の築堤下へとやって来た。こちらを見つめる黒は知り合いではなさそう。
日野市の猫

日野市の猫

 ここの知り合いは鼻の下に小さな白ポチがあるので分かりやすい。この子は初めてかなあ。
日野市の猫

 ……と思ったら白ポチもいた。2匹は折り合いが悪いらしく、どちらも隠れてしまって二度と出てこなかった。
日野市の猫

 朝帰りと思しき猫がとぼとぼと道路を渡っていた。
日野市の猫

 民家の敷地で一休み。たぶん近くの猫民家の子だから、あと50m歩けば着くはず。
日野市の猫

「その50mが大変なんだよー」
日野市の猫

日野市の猫

 ……というような冴えない散歩を終えて帰宅したのは8時半。ベランダのサチコを少し構ってから仕事に入った。
府中市の猫

府中市の猫

 三連休の散歩は天気を見て考えるつもりだけど、どうも芳しくないようだなあ。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 東大和市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫

    2022.11.30

    彼方の看板猫
  5. 川崎市の猫
  6. 大多喜町の猫
  7. 府中市の猫

    2022.11.25

    実は仲良し?
  8. 日野市の猫

    2022.11.24

    黒は判別困難

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP