隙間からこんにちは


立川市の猫

 今日の最高気温は34.8℃。明日以降も好天が続くようでしばらくは34~36℃が予想されているが、本州って台風が過ぎれば夏が終わって秋が深まるんじゃなかったっけ。俺が子供時代に読み聞かされていた本州の気候とぜんぜん違うので今は絶望しかない。こんな毎日では体力が持たない。
 家を出たのはいつもと同じ11時半すぎ。このころちょうど日が翳っていたことから目的地を猫峠から立川に変更したが、いざ歩き出してみれは案の定、雲が切れて厳しい日差しに晒され、当てにしていた猫たちは引っ込んでしまって誰もいない。今シーズンはなまじっか38℃や39℃を経験しているものだから、それに比べれば多少楽と思って休憩を怠った結果、体にかなりのダメージを受けることになった。
 それでも何とか2匹いてくれたのは、やはり季節が移ろっているからなのだろうか。あと数週間もすれば稲城(という名の梨)が食べごろになり、1ヶ月もすれば彼岸花が咲くことなっているが、それらは本当に起きることなのだろうか。
立川市の猫

 なお、猫はこちら。
立川市の猫

立川市の猫

「どひゃー、ニンゲンだ!」
立川市の猫

 逃げ切らないのは猫の性。彼らは好奇心に満ちている。
立川市の猫

 一方こちらの猫は民家の隙間で発見。
立川市の猫

立川市の猫

 日陰にいればどうということはない暑さなんだけどな。
立川市の猫

 今日の散歩は4.7km歩いておしまい。淋しい結果だったのでもう少し粘りたかったが、散歩中からお腹が痛くなって我慢の限界だった。(1)暑くて汗をかく。(2)服がずぶ濡れになる。(3)気化熱でお腹が冷える。(4)お腹ピー。……というような機序で、散歩で全身が火照ったまま冷房のないトイレに籠るのは端的に地獄だった。でもまあ歩いているだけでお腹が冷えるのだから、やはり秋が近づいているということなのかな。
立川市の猫


関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 江東区の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  3. 甲府市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 八王子市の猫

    2024.2.14

    お仲間集合
  7. 稲城市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です