サチコで試写


府中市の猫

 持ち歩いても負担にならず、猫ポートレートにも使えそうということで、都民共済の割戻金で小さなレンズを一つ買い足した。リコー純正のHD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limitedという製品で、全長15mmのいわゆるパンケーキレンズ。重さはわずか89gしかなく、これくらいなら一本余計にバッグに入れても肩の負担にならない。35mm換算で61mmという焦点距離はポートレートにはやや短いが、このコンパクトさには代えられないし、これからの季節、普段使っている高倍率ズームレンズでは暗すぎて辛いことが増えてくる。持ち歩くようになってから1週間ほど経つが、外猫を単焦点レンズで撮れるチャンスというのはそう多くなく、なかなか出番が来ないので、とりあえず帰宅してからサチコをモデルにして撮ってみた(最後に掲載)。
 夜勤明けの散歩は京王多摩川〜調布を歩いてみたものの不調で、カメラに収まったのは4匹に留まった。
調布市の猫

調布市の猫

 外階段の隙間はこの子のお寛ぎ場所。ここを通る時は最初にチェックするようになった。
調布市の猫

 民家の敷地の奥でまったり中の2匹を発見。念のため呼んでみたが動く気配なし。
調布市の猫

調布市の猫

 お焦げさんの相方は目も開けてくれない。
調布市の猫

 定点の猫路地では例の2匹の片割れに遭遇。
調布市の猫

 2歳半になってすっかり大人の体つき。もう少し近くへ行きたかったが逃げてしまった。
調布市の猫

 で、こちらがHD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limitedで撮影したサチコ。
府中市の猫

 サチコとごにょごにょしていると、マコちゃんが気にして寄ってくる。実はかなり焼きもち焼きのマコちゃん。
府中市の猫

府中市の猫

府中市の猫

 こちらはもっと古いレンズ(smc PENTAX-A 135mm F2.8)。長すぎるのと、マニュアルフォーカスで猫撮影には使いにくいことから、ほとんど出番が回ってこない可哀想な子。フィルムカメラ(PENTAX SuperA)で使うつもりで買ったが、そちらはもっと出番がない。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 市原市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  6. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  7. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  8. 新宿区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP