台風前の暗い朝


立川市の猫

 広い暴風域を伴った台風26号は、22時の時点で紀伊半島・潮岬の南南東約320kmにあって、45km/hの速さで北東に進んでいる。予報では明日の朝6時すぎに房総半島の東側をかすめて通過するそうだ。現時点では風雨は強くなく、夜半から朝にかけてかなり荒れると思われる。
 朝のうちは曇っていたものの、雨は降っていなかったので、猫関係業務は通常通り。ただ、雲が厚くてとても暗かったので、猫はそれなりに見つかったが写真の出来は美しくなく、モチベーション的には今いちだった。
 起床はいつも通り5:20だったが、あまりにも外が暗くて撮影困難だったので、家を出るのを20分ほど遅らせて、6:46の当駅始発に乗った。駅に向かって歩いていると、珍しく巡回中のシャム混1号に出くわした。
昭島市の猫

 あまり機嫌がよろしくないらしく、今日は尻尾が下がったまま。
昭島市の猫

 最近この辺りに新参者が現れたらしく、匂いチェックに余念がない。昨日うちの敷地にも侵入してきて、マコちゃんが出窓にひっついて怒っていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 散歩開始は西立川から。駅の近くを一回りしていると、駐車場でキジ白が座っていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 前足に尻尾を絡めてお澄まし。
昭島市の猫

 同じようなシチュエーションでもう1匹。
昭島市の猫

 赤毛のキジ白かな。今のところ縞三毛に分類しているけど、近いうちに見直す予定。
昭島市の猫

 雨が降ってきたら西立川だけで済ますつもりだったが、大丈夫そうだったので立川まで歩くことにした。茶猫タウンまでやって来ると、民家の屋根で寝ているのを発見。
立川市の猫

 起きた。
立川市の猫

 何度か見かけたことのある黒白だった。
立川市の猫

 踏切を渡って隣町に来ると、駐車場で佇んでいるのを見つけた。丁目が違うとか線路があるとかは、猫にとっては関係のない話で、ここも茶猫タウンの延長みたいなものだ。
立川市の猫

 あ、逃げた。
立川市の猫

立川市の猫

 湿っぽい眼差しでこちらを眺める茶トラ白。
立川市の猫

 モノレールの駅近くの路地で、親子らしき2匹を発見。
立川市の猫

 お母さんは高いところで見張り中。ちょっと写真を撮らせてくださいな。
立川市の猫

「ちょっとだけよ」
立川市の猫

立川市の猫

 クリームとサバトラ(青トラ)の三毛。塀の上のキジ白がお母さんだとしたら、お父さんは茶猫だね。三毛のO遺伝子座の遺伝子型はOo。キジ白のお母さんは優性遺伝子のOを持っていないので、Oはお父さんからもらったことになる。Oを持つオス猫は茶色にしかならないので、お父さんは茶猫ということになる(クリーム色やカラーポイントの可能性もあり)。やっぱりここは茶猫タウンだ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日高市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 白河市の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  3. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP