猫影の薄い里山


青梅市の猫

 また台風が近づいてきて、明日から荒れてくるというので、今日は朝から青梅方面に散歩に行ってみた。3連休ともなると、青梅線の下りは早朝からハイカーで混雑するわけだが、拝島発6時台の電車なら座れないほどでもない。
 散歩開始地点は青梅市郊外(というか青梅自体が郊外だけれども)の石神前という駅。なぜこんな駅名なのかというと、駅前に石神さんがあるからだ。こうした地味な駅で降りるハイカーは皆無なので、あとはゆっくりマイペースで歩くことができる。
 早朝のため、日差しが山に遮られて肌寒い中、駅から5分ほど歩いて1匹目を発見した。
青梅市の猫

青梅市の猫

 顔にくっついているのは鳥の羽根らしい。猫は色んなものと戦っている。
青梅市の猫

 ……にしても動かんな。
青梅市の猫

 人口密度の低い集落で猫を見つけるのは容易ではなく、次に見かけたのは50分後。高台から急坂を下りてきて、元来た方を振り返ったら黒白がいた。追跡開始!
青梅市の猫

 いきなりバレた。
青梅市の猫

 しかし、構わず前進。先回りしてみよう。
青梅市の猫

 雑木の陰に身を隠して待っていたら、案の定現れた。
青梅市の猫

青梅市の猫

 落ち着いたのは車の陰。ここが本拠地らしく、もう動かなかった。
青梅市の猫

 一昨日までの気温が嘘のように、里山は秋の気配に包まれていたが、きれいな景色とは裏腹に猫はぜんぜん見つからない。やっとの思いで見つけて撮ったこの写真、たぶんどこにいるか分かんないと思う。
青梅市の猫

 シルバーの車の後輪の下にお尻だけ見えてた。
青梅市の猫

 青梅郊外の里山は諦めて、帰りに福生に寄り道。
福生市の猫

 猫バーの前に佇んでいたのはいつもの三毛。鼻の頭が傷だらけ。この辺りは猫がたくさんいるから、夜は壮絶な戦いがあるに違いない。
福生市の猫

 とある団地で最後の1匹。あれはキジ白だな。
福生市の猫

福生市の猫

 固まってらっしゃる。
福生市の猫

 指の匂いを嗅がせるところまではいったんだけどなー。何しろこういう場所は衆人環視だからやりにくい。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP