モノトーンな夜勤明け


稲城市の猫

 拝島から西立川へ引っ越した時、我が家の猫2匹にトイレの場所を教えてから、最初におしっこ(またはうんこ)するまで30時間ぐらいかかったが、今回は2〜3時間でしてくれたので、気を揉まずに済んだ。猫を伴っての引っ越しは普通の10倍ぐらい疲れるものだが、新居で新たな縄張りを形成して、伸び伸び生活してくれるようになれば嬉しい。
 夜勤明けの今日の散歩は、京王相模原線の稲城駅から南武線の稲城長沼駅まで。多少意欲的(?)なコースだったため、見かけた猫は少数に留まった。
 最初に行き会ったのは巡回中と思しき黒白。
稲城市の猫

 敷地から出てくるのを待ってみたが、足がすくんでしまって動かない。
稲城市の猫

 黒白の後を追うように、ほどなくして黒が現れた。
稲城市の猫

稲城市の猫

 狙われていることはとっくに察知していた模様。
稲城市の猫

 近寄るのはこれが限界。このあと踵を返して車の陰に隠れてしまった。
稲城市の猫

 民家の濡れ縁で白が日なたぼっこ中。
稲城市の猫

稲城市の猫

 気持ちよさそうに目を細めている。
稲城市の猫

 ここで初めて白を見かけたのは2013年のクリスマス・イブの朝だった(こちら)。こいつは恐らくあの時の子なのだろうが、ずいぶん好々爺的になってしまって、同一人物という感じがしない。
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  4. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  5. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  6. 多摩市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP