白さん助けて


川崎市の猫

 北海道の石狩地方は記録的な大雪に見舞われていて、今日は札幌発着の列車が始発からすべて運休になったそうだ。ただしこれを書いている20時現在、道内の高速道路に通行止め区間が一つもないことからすると、要するに雪かきしたくても、JR北海道にはその費用もなければ人員も機材もすべて足りないということなのだと思う。実際、Twitterで流れてきた同社の除雪アルバイトの日給は何と8,500円。雪かきのような重労働を寒い夜間に8時間もやらされて、それっぽっちの給料では士気も上がらない。やりがいや使命感だけで人が動く時代ではないのだし、あとは金でかき集めるしかないだろうに。
 北海道に大雪をもたらしている強力な低気圧は、西の高気圧とセットになって冬型の気圧配置を構成し、関東は今日も朝からよく晴れた。気温は昨日ほど低くはなかったが、それでも氷点下5.4℃と泣きが入る寒さで、猫の方も絶不調。中野島~登戸まで歩いたものの空振りで、急遽馴染の白に助けを求めて何とか休載を免れた。
 オーイ、タスケテクレー。
川崎市の猫

川崎市の猫

「しょうがないねえ」
川崎市の猫

川崎市の猫

川崎市の猫

 えー、そこで止まっちゃうのー?
川崎市の猫

「私は白猫だから日光には当たりたくないのよ」
川崎市の猫

 ……というようなことを表情で訴えて、頑なに目を閉じてしまった。でも20歳のお婆ちゃんが出てきてくれたんだから感謝しなくちゃ。今日はこれでおしまい。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP