南の猫と北の猫(竹富編2)


竹富町の猫

 風呂上がりにオレンジジュースをがぶ飲みしたことにより、風邪気味でだるかった体調はすっかり回復したが、雨が降り続けているので散歩はできず、今朝もまっすぐ出勤した。台風14号は列島のかなり手前で屈曲し、出生地(?)に戻っていきそうな勢いなので、東京が暴風雨に見舞われることはまずないだろう。
 雨が止まないので沖縄東北猫旅のレポートが捗る。昨日に続いて今日は旅の2日目、9月30日に竹富島で見かけた猫たちを紹介する。この日は日差しがほとんどない上に風が強く、普段より猫の出現率は低かったのではないかと思う。石垣島アメダスのデータによれば、最高気温が29.2℃で最大瞬間風速は12.3m/s。ただし集落に留まっている限り風はそれほど強くなく、今考えてみれば、琉球石灰岩の塀は確かに防風の効果があったのだろう。
 宿で出された朝食をたらふく食べて、散歩に出発したのは7:40。当初はコンドイ浜で猫と日の出を拝むつもりだったが、西向きの浜だというのでそれは諦め、先に腹ごしらえを済ませた次第。前日最後に立ち寄った猫拠点を覗くと、サバトラの代わりに三毛が転がっていた。
竹富町の猫

 首輪をしているので近所の飼い猫だね。
竹富町の猫

「あなたは昨日の船でいらしたお客様ね」
竹富町の猫

 ずざー。
竹富町の猫

 ずざー。
竹富町の猫

 三毛ちゃんの歓迎の儀を眺めていると、どこからか昨日のサバトラも現れた。君たちはお友達だったのかー。
竹富町の猫

竹富町の猫

 嗅ぎ回りに夢中な2匹。いくら呼んでも振り向いてもらえない。
竹富町の猫

 サバトラが車の下に隠れたところでようやく1枚。
竹富町の猫

「サバちゃんどこへ行ったのかしら」
竹富町の猫

 草むらに佇む白い猫。向こうもこちらを見つけたようだ。
竹富町の猫

竹富町の猫

 竹富の猫はみんな人懐っこくて楽しいな。
竹富町の猫

「それで、東京のお土産はいつ出てくるのでしょう」
竹富町の猫

竹富町の猫

 よくよく見ればこの子は大白斑の三毛で、なおかつオッドアイ。昨日のポイント三毛といい、隔絶されている割には色んな毛色のいる島だな。
竹富町の猫

 竹島に上陸してからというもの、野生型の毛色であるキジトラや、それに近いキジ白をまだ一度も見ていない。茶系の遺伝子を持つ三毛ぐらいまでは想定の範囲内だが、昨日見た劣性ホモcscsのカラーポイントまで存在するとなると、ここには石垣島や、もっと遠くから連れられてきた猫が相当数いる可能性が高い。この三毛なども顔貌が南国風ではないので、島の外から持ち込まれた猫か、あるいはその子孫ではないだろうか。個人的には、八重山諸島の猫のルーツは、台湾ひいてはフィリピンやボルネオにあると考えている。
竹富町の猫

 井戸の向こうに赤瓦の休憩所が見えてきた。浜辺へ向かう前に一休みしようと思い、近寄ってみると、手前に猫がいるではないか!
竹富町の猫

竹富町の猫

 こちらはオーソドックスな黒白鉢割れ。何だかほっとする毛色だね。
竹富町の猫

 もう1匹は薄日を浴びる黒。この直後、島の猫たちにご飯を配って回るおばさんが現れて、2匹とも尻尾を立てて行ってしまった。
竹富町の猫

 猫が乗っかっているのは、現地の言葉でアーラカーと呼ばれる浅井戸で、水資源に乏しい竹富の重要な施設だったそうだ。次回の記事では竹富の水事情について少し触れてみる。
竹富町の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 浦安市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP