無関係な3匹


立川市の猫

 昨夜の夜勤はこれといった仕事もなかったので、暇に飽かせて次回の台湾猫旅のプランを考えていたら、とても素晴らしいスケジュールが出来上がってしまって感動に震えている。ただし毎度のように極めて緻密に組んでいるため、旅行前にダイヤ改正が入ると、いとも簡単に瓦解するのが玉にキズ。お願いだから12月までこのままのダイヤでいてください。ちなみにメインディッシュは金門島、デザートは台湾カカオの故郷を訪ねてって感じ(チョコレート大好きなので)。
 夜勤明けの散歩は狛江に行くつもりで唐木田から小田急線に乗ったが、久しぶりに西国立の看板猫に会いたいと思い立ち、途中で行き先を変更。永山で京王線に乗り換えて、まずは稲田堤を一回りしてみた。結論から先に書くと今日の散歩はからっきしだった。
川崎市の猫

 稲田堤で見かけた唯一の猫は駐車場のキジトラ。巡回帰りかな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 とても警戒心が強くて、車の下から出てくるのに5分かかった。
川崎市の猫

 西国立でも見かけた猫は1匹に留まった。看板猫はいなかった。
立川市の猫

立川市の猫

 忙しいところ済みませんね。ちょっとだけ写真を撮らせてくださいな。
立川市の猫

立川市の猫

 西国立から分倍河原へ帰るついでに谷保にも寄ってみたが空振り。最後の猫は地元の緑道で遭遇した。
府中市の猫

府中市の猫

 落ち葉の上で保護色モードの茶トラ白。茶トラ係長を思い出すな。
府中市の猫

 「誰なんですそれは?」
府中市の猫

 ここから8km離れた場所で暮らしていた茶トラのことなど、こいつはもちろん知らない。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 青梅市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  2. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  5. 川崎市の猫
  6. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  7. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  8. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP