早朝の1時間


府中市の猫

 今日は妻のコロナワクチン4回目の接種日だったので、付き添いのためお昼前から出かけて3時間ほどで帰ってきた。冷房の効いた室内から外に出ると、強い日差しに肌を焦がされるような感覚に陥るが、風が強かったせいか慣れてみるとさほどではなく、気温の方も34.3℃止まりで猛暑日にはならなかったようだ。とはいえせっかくの休暇にまで真昼の散歩をしようとは思わないので、猫関係業務は早朝の5時半からスタートして、府中市内の南側を自転車で漕ぎ回ってきた。
 府中市というのは立川崖線を境にして大きく二つに分けられ、崖線の北側(標高の高い方)は商業施設や公共施設、住宅地などが高密度に展開し、バス路線などの交通機関も緻密に張り巡らされている。一方、我が家の建つ南側(標高の低い方)はかつて幾度となく流路を変えた多摩川の旧河道であり、ハザードマップを見ると、程度の差こそあれ軒並み浸水想定区域に指定されている。市街化調整地域でもないのに南側の開発が著しく遅れているのは、どうせそのうち水没するからと軽んじられているのだろう。夏にもなれば風に乗って蛙の合唱が聞こえ、住宅地を歩けば猫にも会えるこの場所を、田舎出身の俺はむしろ気に入っている。
 猫の方はスタートから5分もせずに1匹目を発見。あれはたまに見かける湿っぽい顔つきの黒白だ。
府中市の猫

府中市の猫

 夏草が生い茂って見通しの悪い庭だが、珍しくすっきり見える場所にいてくれた。
府中市の猫

 同じ家の逆側にもう1匹。これはちょっと見つけにくいかな。
府中市の猫

府中市の猫

 本来この家が面倒を見ているのは湿っぽい方で、こちらのキジトラはそのご相伴に預かりに来ている所属不明の猫。奥さんとしては不本意らしいが、もう何度も見かけているので、一緒に食べさせてもらっているのだろう。
府中市の猫

 君は運がいいね。
府中市の猫

 徐々に日が差し始めた路地に巡回帰りと思しき猫が佇んでいた。
府中市の猫

府中市の猫

 近寄って声をかけたら前向きな反応。これはきっと人懐っこい子!
府中市の猫

 にゃーんと鳴いて相好を崩した。
府中市の猫

府中市の猫

 時々通る道だけどこの子は初めて。毛色は式根島で会った子と同じティッピング入りの二毛。地元にもまだまだ未知の猫がいるなあ。
府中市の猫

 ちょうど6時に見かけた寝坊助さん。毛色はキジ白のようで実はキジ渦白。
府中市の猫

 今年2月に初めて会ってから今日で三度目だが、模様をきれいに撮影するチャンスがなかなか巡ってこない。もう少し涼しくならないと無理かな。
府中市の猫

府中市の猫

 日なたと日陰の境目で黒がごろごろしていた。
府中市の猫

府中市の猫

 しゃがんでみると車の下にもう1匹。あれは初めて見る子かな。
府中市の猫

 黒は逃走の構え。逃げ切らないのがせめてもの救い。
府中市の猫

 ここで暮らすのは黒と大白斑のキジ白の2匹だけだと思っていた。頻繁に訪れる場所ではないので、ほかにも会えていないのがいるかも知れない。
府中市の猫

 行き止まりの路地を行く猫の後ろ姿を発見。
府中市の猫

 可愛らしい塗り分けのお尻だね。少しだけモデルになってくださいな。
府中市の猫

「お安い御用」
府中市の猫

府中市の猫

「僕はこんなこともできるんだよ」
府中市の猫

 快くポーズを決めてくれた黒白だったが、指で挨拶するまでは至らなかった。また会えるかな。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP