温低一過の朝


昭島市の猫

 台風9号崩れの温低一過となった今日は、この季節には珍しく西高東低の気圧配置となり(元台風9号が東の低気圧、ウランバートル付近に西の高気圧)、南アルプスを越えて吹き降ろす西風がフェーン現象となって気温が上がった。八王子では今シーズンぶっちぎりの39.0℃を記録したが、幸いなことに今日は日勤だったので、灼熱地獄の中を歩かずに済んだ。とはいえ、もし今日が夜勤で真っ昼間に散歩したとしても、空気が乾燥していたので、死ぬほど辛いことにはならなかったように思う。この10年で最も「アツい」猫散歩だったのは、2018年7月23日の39.3℃(青梅で40.8℃)で、この時は薄雲がかかっていたにもかかわらず、湿度が高かったのでかなり消耗した。
 散歩をスタートした6時半ごろの気温は28℃で、前述のように湿気もあまり感じなかった。猫も東向きで日に当たっているので、風を爽やかに感じているようだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 目を覚まして頭をもたげた。俺は気配を消すのが本当に下手だな。
昭島市の猫

 あれこれ気を引いてみたが、どう頑張っても車の下から出てこない。呼ぶと返事するのになあ……。
昭島市の猫

 夜通し吹いていた強い風のせいで空気が澄み渡り、コントラストが強烈。しかも日陰の黒猫だから、写真を撮ってもどうせ見えやしない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 風は爽やかでも、黒い毛皮じゃ日なたは暑いか。
昭島市の猫

 今日の散歩コースは昭島から某巨大神社まで。しばらくぶりの緩い坂道を下りていると、行く手の日陰に小柄な猫が佇んでいた。
昭島市の猫

 あの子は1年ぶり。去年の8月4日、この家の裏庭で見かけたんだった。
昭島市の猫

 毛色は茶トラ白に分類したが、もしかしたら茶霜降り白かも知れない。涼しくなったら確認しにまたくる。
昭島市の猫

 今日は仕事帰りに黒煙ちゃんと武蔵を見かけた。からし号で通りかかると、武蔵は怖がって隠れてしまうが、黒煙ちゃんはまったく気にしない。
府中市の猫

 それどころか、むしろ近寄ってくる。
府中市の猫

府中市の猫

 今日の日の入りは18:37。まだ30分ほど先だが、建物に囲まれた細い路地はだいぶ暗い。日勤の帰り道に写真を撮るのはそろそろ限界だろうな。
府中市の猫

 日勤は金曜日まで続く。寝不足気味なので明日か明後日は散歩をお休みするかも。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  6. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  7. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  8. 新宿区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP