灼熱の猫散歩


立川市の猫

 先日来の異常高温のピークとなった今日は、熊谷で我が国の観測史上最高となる41.1℃を記録したほか、青梅では東京都として初めて40℃を超えるなど、高温に関する記録が各地でいくつも更新された。俺の猫活動エリアである八王子アメダスも、1984年に記録した39.2℃をわずかに超え、観測史上最高の39.3℃を記録した。
 猫散歩はもはや無我の境地となった。ほとんど40℃に近い野外を1時間半も歩き回るなど、バカが突き抜けた感じで今はとても爽快な気分だ。登山家はそこに山があるからこそ遭難の危険を顧みず山に挑むそうだが、愛猫家だってそこに猫がいるなら会いに行かなければならない。むしろ山は動かないのに対して猫は逃げるわけだから、ミッションとしては猫の方がより困難である。
 そんなわけでスタート地点の東中神駅に降り立ったのは12時半。普通レベルの猛暑日なら、木陰や庭石の上で伸びるなどして凌ぐこともできようが、猫の体温すら超える気温となると、もはやそのような場所にさえ猫の姿はなかった。
 結局街なかで見かけることはなく、今日最初の猫となったのは某巨大公園のスーダラ1号。散歩開始から50分後のことだった。
立川市の猫

 撫でられ業務は休業のようだ。こんな日に自転車漕ぎに来る物好きなんていないわな。
立川市の猫

 生きてるかー。
立川市の猫

立川市の猫

 暑すぎて朦朧とするスーダラ君。濡らした手で被毛を梳いてやったら、気持ち良さそうにぐわーと伸びた。
立川市の猫

 見えるところにはいないだろうと思ったが、念のため人妻三毛ちゃんちにも寄ってみた。
立川市の猫

立川市の猫

 シルエットが三毛ちゃんじゃないような気がしていたけど、やっぱりそうだったか。まあ何にせよ暑中お見舞い申し上げます。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 奥多摩町の猫
  7. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP